「コールサック」日本・韓国・アジア・世界の詩人

前のページに戻る

見上 司(みかみ つかさ)


<経歴>

1964年秋田県生まれ。秋田県山本郡在住。

詩集『心の森から』、『はてしないものがあるとすれば』、『一遇』

所属「北五星」同人、「秋田県現代詩人協会」、日本詩人クラブ」。





<詩作品>


一遇

―百武すい星に寄せて―




二万年前、

そのまた二万年前にも、

やはりだれかがあの星を見ていたのだろうか。

あるいは鳥や獣や森の木々、

(すべての生き物の祖先たちが……)


気の遠くなるような はるかな時間と空間を駆けて、

彼はぼくらの世界にやって来たのだ。

(ああ、ぼくらもみな本当は、

 万に一つも出会いがたい

 はるかな存在だったのではないか。

 なのにこうして、

 愛し合ったり、悲しみを分かち合ったりする。)


あの尾はじつは尾ではなく、

太陽風に吹かれて噴き出す光の帯だという。

そしてぼくらの中にも、

ああした燃えながら閃光する

何かがないか、

すべての出会い、別れるものに優しく

たむける愛のような。





二 人



それは小さなヨーロッパの田舎風といった感じのレストランで

そこを通るたびにいつも思い出す


ちょうど小学生になったばかりの娘と二人で

ここでランチを食べたことがあった

たしか開店してまもない頃のことで

ここでどうしても食べてみたいと娘が言い出して

じゃ、パパと二人きりでもいいかと聞くと

だいじょうぶ、一人でも食べられるからと

そこで二人で初めて二人きりのランチを食べた


その日、

春のやさしい雨がふっていた

まるで雨までがヨーロッパの田舎風だった


二人、テーブルに向き合って座り

ランチを注文し

何も言うことなく ただ二人

心待ちに 楽しみに 美味しい料理が出てくるのを

じっと待った

 

やがて

ほかほかのオムレツと大きな丸いパンが運ばれて

甘いバターの香りを嗅ぎながら

しんに楽しい食事をした

たどたどと食べては休み 休んでは食べている

おまえを見るともなく 見ながら

ゆっくりとゆっくりと、私は食べた


今でも

そこだけ見えない光が当たっていたような気がする

たとえ異国の

知らない言葉を話される神様であっても

そのときは そのときだけは 私たち二人をやさしく

そっと見守っていてくれた気がする。


いたたまれない日

一人うらぶれて心暗くくもる日

ふる雨を見るともなく見ながら あの日のことを思い

そっと心をなぐさめる。


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)96号 2018年12月30日

「COALSACK」(石炭袋)96号 2018年12月30日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.