「コールサック」日本・韓国・アジア・世界の詩人

前のページに戻る

柴田 三吉 (しばた さんきち)

略暦
1952年 東京生まれ。
季刊詩誌「Junction」を草野信子と発行。
詩集『さかさの木』『わたしを調律する』『遅刻する時間』『非、あるいは』ほか。

日本詩人クラブ新人賞、壺井繁治賞を受賞。




【詩の紹介】

文法


愛が詩でしか伝えられないように、詩でしか伝えられな
いものが世界にはある<それはときに、ながれる水の哀
しみであったり、かぜを待つ梢の孤独であったり、語ら
れてしまった心の淋しさであったりするが>。詩でしか
伝えられないもののために、くちびるのうえでことばは、
わずかにはにかみ、咽喉をくすぐる息に乗り、折り目の
まがった紙ヒコーキのように飛びたっていく。ことばが
まだことばであることに気づかぬまに、詩であることに
気づかぬまに、わたしは、ちいさなたましいの緒を切り
離し、濡れたままあなたに差しだす。そのとき、ことば
は世界を振りかえり、自分がなにものであるかを知って
から、ふたたび空へ解きはなたれていくのだろう。愛も
詩もいちどだけの文法<それがきょうのわたしの思想だ
から>、世界がもう詩を読まなくなったとしても、わた
しは書きおえることがない。闇をにじませる、しろい乳
房のような月に照らされたくちびるが、永遠の推敲のよ
うに、ふたつのピリオドを隠してしまうから。


 (「COAL SACK35号」より)

 

十一月の冴えた月明の裾に


山の斜面から 手が生えている とみえたの
は 白樺の疎林 乳白色の 硫酸の霧に足を
ひたし 樹皮は剥がれ 肉は朽ち 関節は折
れ 風に揺れ それでも骨の梢で はじける
鳥を つかもうとしている わたしはかけよ
って ふるえる手を握りしめたかったが 未
来を囓るように 列車の窓は こわれた風景
を 十一月の冴えた月明の裾に 置き去りに
し 海へと急いだ あれは時の汀に埋められ
た だれかの 絶望の手だった? わたした
ちの 幸せな世界 リリパットにそそぐ 巨
人の手? それとも ガリバーを文明の下に
埋めた スウィフトの手だったろうか? 風
になぶられ いくたびも幹を振りながら 木
は わかれをつげた 暮らしを急ぐものたち
へ 旅立つわたしへ あしたを振り向かない
世界へ 山の斜面を 左右に揺らしながら


   (「COAL SACK36号」より)

 

ミャンマーの男たちは


ミャンマーからやってきたと、三人の男は言った。真冬
だというのに素足にズック靴。頭から埃をかぶった男た
ちに、さむくはないかときいた。さむいさむい。日本で
最初に覚えたことば。きついね。それが二つ目のことば。
きのうは暖かいところで楽だった。お風呂がいくつもあ
って、若い女がたくさんいるところ 。男たちは廃材を袋
に詰めトラックに運ぶ。コンクリートの破砕片を百袋も
二百袋も、肩に担いで運びつづける。││むかしはビル
マだったね。コンビニの弁当にお茶を注ぎながら、彼ら
はうなずいた。アウンサン・スーチーを知っているよ。
顔を見合わせて口をつぐむ。しばらくして年長の男が立
ち上がり、クニの米はこんなにねばねばしてなくていい
匂いがする、ビルマの米はもっとよかったよ、と言って
お堂に合掌し、風に吹かれて仕事に戻った。翌日、彼ら
は現場にこなかった。かわりに若い手配師がやってきて、
夜中に手入れがあったと報告した。二十日分の支払いが
もうかった、代わりはすぐに見つかるさ、と男は笑う。
彼らは昨夜、どこでからだを寄せ合っていたのだろう。
風呂につかり凍えた指先をほぐしたろうか。クニの米は
もっといい匂いがする、と言ったミャンマーの男たち。
ビルマの米はどんな匂いだったのだろう。

 

  (「COAL SACK41号」より)




前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.