「コールサック」日本・韓国・アジア・世界の詩人

前のページに戻る

武西 良和 (たけにし よしかず)

【経歴】
個人誌「ぽとり」発行。「新現代詩」顧問、関西詩人協会評議員。
日本現代詩人会、日本詩人クラブ、日本文藝家協会会員。
詩集『わが村高畑』『きのかわ』『ねごろ寺』『武西良和詩集』『岬』など。
更科源蔵賞を受賞。



【詩を紹介】

場所 一


飛び回っている
この家の周りで何を
捜査しているのか


人の眼が行き届きにくく
壊されにくく
雨にも降られにくい
「にくく」で溢れている場所を探して
ひたすら捜査は続く


小刻みに羽を振るわせ
慎重に調査し
進行していく刑事(デカ)の仕事


長い間とじられた北側の
雨戸
家の外壁との

ヒトの意識が消える所


ヒトの視線は屈折しない


視線は慌てもの
間をすり抜けていく


人がいない間で
羽を振るわせ
旋回し
羽をたたむ


雷鳴にびびることもなく
雨にもおびえることのない

犬の吠え声も
そこではさわやかな風だ


だが大きくなっていくたびに巣は
間をはみ出し捜査の網に
引っかかる

場所 二             


開いたゴミ袋に
糸を張り始めた


足の広げ方
移動の仕方に
○○蜘蛛であることを
見失わないようにしている


獲物の捕り方も
○○蜘蛛ではない
という否定表現を恐れながら
巣の上を移動する


蜘蛛は確かさを求めていた
風向きと重量を計算に入れ


紙くずや
書類の残り
丸められた新聞紙
それらのなかに
獲物が捕れる予感があった


仕掛けたのは出口なのか


巣のなかで蜘蛛は
難問にじっと耳をすませ
ときどき作業は中断される


人の入ってこない
場所で蜘蛛は巣を張りながら
哲学の問題を考え続けている


巣が完成しても
数日後に巣は
袋ごと収集車に持って行かれる
車のエンジンの音は何度も聞いて
知っているはずだ


罠と運命をともにするか




前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.