「コールサック」日本・韓国・アジア・世界の詩人

前のページに戻る

ヴァレリー・アファナシエフ(尾内達也/訳)

ピアノを中心に指揮、小説、詩、エッセイ、パフォーマンス、レクチャーなど、広範囲な活動を行っている。1947年モスクワ生まれ、パリ在住。アファナシエフの発表言語は、小説はフランス語、詩は英語で、英・独・仏・露・伊など、5、6ヶ国語を操る。現在、創作活動は、詩から小説に比重を移しているが、言語について、こんなことを述べている。「ドイツ語もロシア語も第二次大戦とスターリン時代を経て豊かになりました。それはスローガンが言語を豊かにしたのではなく、苦悩が豊かにしたのです。苦悩と罪とは言語の内側に独自の言葉を創り出します。そして、言語の外側にも。」

【詩の紹介】

川は同じ男を喜ばない
(ヘラクレイトスへのオマージュ)

わたしはいつの日か
別のだれかになってしまってもかまわない
何世紀も変転をくりかえしてもいい
会話ときだけ別人になるのもいい
一言が ちょっとした冗談が
われわれを変えてしまうことだってよくある
そして記憶の中の窓を塗り込め
もう一つの城を空中か水中に造るのだ
するとだれかが古い写真からいなくなる―
一人の友人が
一人の親戚が
幸せそうな笑顔は
今では気難しく
真珠のような涙は
雨粒に変わる
世界は移ろう
過去もまた変わるのだ

 

ここから永遠へ

長いこと山を見つめていると
山はユーカリの木になってくる
ユーカリの木を長いこと見つめていれば
山になってくる

長いこと生きていれば
一分は一時間になり
愛は習慣になる

生は死になり
死は生になる
― おのずから

時間はどんなものにも影を落とす
死でさえ時間には嫌気がさしている
やがて風が墓碑銘を消すのだから

そして子供たちは遊びを止める


影の軽み

影はじっとしていることができない
本体が動いていなくても
四六時中、動き回っている
影はとても神経質
そして影はマイペース
大通りや草地を
弾みながら優雅に横切っていく
その間、本体はパブで話に興じ
ビールやブランデーを飲んでいる
影はニューヨークの摩天楼を
上ったり降りたり
その両腕を翼のように広げて
羽ばたいている
影は死なない
本体は家の中でもだえ苦しんでいる


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)98号 2019年6月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.