「コールサック」日本・韓国・アジア・世界の詩人

前のページに戻る

尾内 達也 (おない たつや)
1960年生まれ。25歳の頃より詩を書き始める。
6年前から、俳句に関心を持ち、現在、詩と俳句を同時に書いている。
俳句の音楽性と季感を含む時間性を、アクチャリティを残したまま詩に導入することをめざしている。また、移動という観点から翻訳に関心があり、旧ソ連からパリに移動した(亡命した)ピアニスト・指揮者・作家、ヴァレリー・アファナシエフの詩の翻訳を『COAL SACK』誌上に発表している。
詩集に『白い沈黙 赤の言葉』(摩耶出版 1994年)、『青のことば』(私家版CD-R 2001年)。
『耳の眠り』(コールサック社・新鋭こころシリーズ 2011年)

●尾内達也-Delfini Workshop 創作・翻訳日記 http://blog.goo.ne.jp/delfini2/

【詩の紹介】 

夜への越境

鏡を越境して
ことばの国へ
夜また夜へ
おれの一瞬の回想が
だれかの問題の答えになる
歴史が放電される一瞬は
いつもなにげない
宇宙では命が例外
夜の王こそ正しい道である

その門より出でよ
ことばは
完全なる不完全
どこまでも
死は見えない
銀河では気の狂った者こそ
王なのである
夕が朝になるとき
ことばは消える
踊るのみ
気が狂えば狂うほど
花にちかくなる
石ころ一つ
夏野へ投げて
深い淵の音を聞く




耳の眠り

朝の雪に耳がめざめる
耳の悦ぶ音―
沈黙にも音はあるのだ


物語の中へ
雪は降りつづくが
突然 なにもかも 
中断してしまう
心も言葉も置き去りにして
走り去る猫の背に
悲劇も喜劇もないが
人間様はやはり
笑うしかないのだろう
― あんたも苦労したな


物語は
雪の音に引き継がれて
第三幕へ 
― だれもいない


雪の朝に耳がめざめる
だれもいない物語に
聴き耳を立て
誕生と死を繰り返した果に
黒を着る日である



前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.