「コールサック」日本・韓国・アジア・世界の詩人

前のページに戻る

大掛 史子 (おおがけ ふみこ)

1940年 東京 渋谷区に生まれる
1969年 詩集『三月の雪』
1982年 詩集『青のうらみ』
1991年 詩集『ビジネス戦士と葛』
1994年 詩集『あふれ寄せる光の潮で』
1998年 詩集『丘の教会』
1972年~2001年 詩誌「幻視者」参加
1993年~2005年 詩誌「光芒」参加
2003年 詩集『花菖蒲(イーリス)』
2007年 詩集『桜鬼(はなおに)』(第41回日本詩人クラブ賞)

日本詩人クラブ理事、日本現代詩人会会員、「墓地」同人

【詩の紹介】

女三人のモロー詣で


疲れた女が三人でギュスターブ・モローをたずねた
パリのラ・ロシュフーコー街ならぬシブヤのBunkamuraに
作品や家具調度ごと華麗な美術館になっている彼の家
展覧会場に再現された壁一面のモロー美術館
その妖しい内部屋に吸い込まれていく三人の女


一人目は
山なす詩誌の講評に辣腕をふるって疲れた女
けれど面ざしはサラ・ベルナールに似て物腰優雅
二人目は
溢れる才気を持て余して疲れた女
けれど瑞々しい触角を幾本も具えている
三人目は
田舎暮らしのUVに灼かれて疲れた女
けれどうち庭ふかく秘密の木陰もありそうで


疲れた女は三人三様 細いペンの灯りを掲げ
モローの森の幻想の迷路をたどっていく


最初に襲った熾烈な光は「エウロペの誘拐」
主神ユピテルが美女エウロペを略奪する『変身物語』(*)の一シーン
頭部だけ若々しい神のまま白牛に変身したユピテルが
エウロペの無垢な裸身を背に乗せて
いましもクレタ島に連れ去ろうとしている
『変身物語』なら自家薬籠中の物と
疲れてなんかいられない三人の女


次に展がったのは神秘な美のアルカディア「一角獣」
狩人には決して捕らえられず
処女のみがつかまえられる一角獣
処女母神信仰の純潔の象徴とか
しかし一角獣と戯れる処女の艶めいた裸形は
疲れた女たちの脳波を官能の秘薬で乱した


遂に「出現」!
宝石だけをまとって踊るサロメが指さすところ
めくるめく光に包まれ血を滴らせたヨハネの首
中空に出現した首だけのヨハネは眼光炯々と
疲れた女たちの内腑を抉った
抉られた臓腑はモローの森にばらまかれ
たちまち
ケンタウロスやレダやガニュメデスを拐った大鷲や
スフィンクスやグリフォンに食べ尽くされた


女三人すっかり軽くなった魂を揺すって
笑いさんざめきながら
シブヤの雑踏の中へ生還したとき
もう誰も疲れてはいなかった


*アウグストス帝時代のローマの詩人オウィディウスの作『メタモルフォセス』 
* 「 」
内はすべてモローの絵の題名
(「COALSACK」53号に掲載)


 


モーツァルトの庭
それはいつも生れた許りの姿で現れる──小林秀雄


盲目の青年ピアニスト(*)が
モーツァルトのピアノ協奏曲(コンチェルト)第二十一番を弾いている
サントリーホールは大きな柔らかい耳となり
かろやかに翔び交うのは澄明な韻きの羽毛
楽響はひたむきな祈りを天に捧げ
無垢な花びらとなって降ってくる


光を受け入れたことのない彼の眼には
モーツァルトの庭が誰よりもよく見える
モーツァルトはいつも
いたずら好きな天使の面ざしで彼を誘う
そこは噴き上げの水が花々を潤し
きらきらと陽のこぼれる清らかで親密な場所
もういくたびも訪れて隅々までを熟知しているその庭


けれどその庭は決して彼を安住させない
踏み入るたびにモーツァルトは
毎回まったく異なる表情で彼を試す
白杖も介護の手も振り払って自在に遊ぶとき
親しみやすく美しい庭の貌が
悪魔の相貌を重ねているのを彼は知っている


軽々と跳びはねおどけながら
人々をからかいやめない悪魔の楽想が
いま彼の指先から溢れつづけている
清澄な音の花びらを浴びて憩う至福のさなか
天から届き地から湧く畏ろしい声に
聴衆は魂を掴まれておののく


ピアニストは最後の鍵(キー)を叩き放ち
一瞬の空しい静寂を受け入れる
怒涛のような拍手にうながされ
指揮者に支えられて彼が立つと
ブラボーブラボーと賛嘆は引きもきらない
深々とお辞儀をくりかえしながら
彼はもうモーツァルトの庭を歩いている
美しくも恐ろしい悪魔の音楽が
彼を就縛し彼を解き放つ永遠の庭の中を
杖も誰の腕も借りずたった一人で
*梯
剛之
        (「COALSACK」54号に掲載)


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.