コールサックシリーズ

文:正田吉男 絵:杉山静香・上原恵
『放牛さんとへふり地蔵』

300年前の肥後・熊本に放牛という貧しいお坊さんがいた。 彼は飢餓の死者を弔うために、国中を托鉢し寄金を集めて霊感に従い118体もの「放牛じぞう」を建立した。 今も「放牛じぞう」100体が現存し、パワースポットとなって、多くの人びとの悩みを聞き取り、願いごとをかなえ続けているという。 (巻末には「放牛じぞう巡礼マップ」付き)

B5判/フルカラー32P/上製本
定価:1,620円(税込)

文:正田吉男 絵:杉山静香・上原恵『放牛さんとへふり地蔵』

発売:2012年2月20日

1_web

2_web


3_web

4_web


 今から300年もの昔のことだが、享保時代の11年間に、熊本城下に住む僧・放牛は、118体余りの石仏を建てた。現在でも100体ほどの石仏が、熊本県内のあちこちで大切にまつられている。(略)熊本県民がこよなく愛する「放牛さん」は、今考えてもとてもえらいお坊さまに思えるのだが、その人物像はまったく謎につつまれていて、ただ一つたしかなことは、熊本市横手五丁目の墓地にお墓がひとつあるだけである。
(あとがき 熊本近代文学館友の会「放牛石仏研究会」代表 正田 吉男)

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.