コールサックシリーズ

川奈静詩集
『いのちの重み』

ねこは かるいね わたのように
ふわりと だきあげて
悲しいと思うのは なぜ
いのちよ
重くなれ
利用されないように
(帯文:詩「いのちの重み」より)

栞解説:鈴木比佐雄
A5判/136頁/ソフトカバー ISBN978-4-86435-068-6 C1092 ¥2000E
定価:2,160円(税込)

解説文はこちら

川奈静詩集『いのちの重み』

発売:2012年8月7日



【目次】

一章 「いのちの重み」

いのちの重み 
ひとつの井戸を 
樹 
誰の土地 
白い花が咲いたら 
芽吹く幸運児 
置き去りの里 
墓 参 
草むらの捨て犬
猿のブリッジング 
クマの赤ん坊 
娘の婚姻 

二章 「星の声が聞こえる」

星の声が聞こえる 
未来を想像できない国 
民は豚になる 
生き方をえらぶ
人間の退化 
異界のタネ 
恐竜カー 
物たちの話し声 
アステカのミイラ 
地球の芯で 
人間のいなくなった後に 
生き残れるか人間 
居場所

三章 「ひとりぼっちの子守唄」

ひとりぼっちの子守歌
少年の正義 
チューリップ殺人 
歩行者天国の胃袋 
闇夜の父殺し 
飽食の若者たち 
バラの傲慢 
これが美しき国 

四章 「小さな機影」

戦争を知らない 
小さな機影 
老練な詐欺師たち 
黒糖をなめると 
沖縄の怒り 
鉄の奴隷 
流浪の民 
大きなあやまち 
トマトのように 
ヒロシマを語り継ぐ 

あとがき 
略歴 


詩篇

「いのちの重み」


ねこは 
かるいね 
わたのように

まがった鋭い爪
すい直とびのバネ
ねずみをかみくだく歯
くらやみでもみえる目

ねこは 
ふわふわ 
くものように

ねこのすべての武器も
役にたたない
ふわりと だきあげて
悲しいと思うのは なぜ

おまえを わたしの自由に
動かさないよ と言ってみる
唯一 皮肉にも おまえの敵は
このわたしなのだから

ねこは いつから野性をすてて
ペットになりさがったの
食べものがなくて
おなかを空かすのがこわいのだ

アンデスの雪山の頂上から
発見されたインカの
あどけない子どものミイラ
おなかいっぱい食べて
ねこのように眠ったままの

やさしかった大人が だきあげて
ぬくもりのまま 神に献上した
最愛の子を 最上の捧げものとして

神が喜んだろうか
神が願いをかなえたろうか

いのちよ
重くなれ
利用されないように

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.