コールサックシリーズ

芳賀稔幸詩集
『広野原まで―もう止まらなくなった原発―』

「無いように見えても/見えないから/あるに違いないのだ」 ある日、私たちは抱えきれない悲しみと怒りとを抱え込んでしまった。 芳賀稔幸詩集『広野原まで』は3・11核災の紙碑となることでしょう。 (帯文:若松丈太郎・詩人)



目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
栞解説:鈴木比佐雄
A5判/136頁/上製本 ISBN978-4-86435-081-5 C1092 ¥2000E
定価:2,160円(税込)

芳賀稔幸詩集『広野原まで―もう止まらなくなった原発―』

発売:2012年10月29日



【目次】

一章 だれもいないけど?

だれもいないけど? 
神さまへ 
もう止まらなくなった原発 
自衛隊の給水を受けながら 
金環蝕 
月 蝕 
噛み切ったリード   

二章 広野原まで

広野原まで 
青ランプ         
かこう 
むかえび           
ストリートビュー 
フィールド 

三章 まいご

まいご 
教科書 
ランドセル           
坊の神さま 
落 葉 
プリンアラモード 
回転寿司

四章 自責の行方

自責の行方 
オスプレイ       
震災による設備の被災に加えて 
年間20mSv「まで」の現実 
原発被災地は福島なのに。 
伝言してくれ 

あとがき 

初出一覧 
略歴 


詩篇

「だれもいないけど?」


死ぬかも知れない
公園の滑り台に上ってみる
だれもいない

家がアニメのような形で左右上下に揺れ
京壁が剥がれ落ち
額縁が可笑しくなるほど傾き
外壁を容赦なく亀裂が走り
地面を振動が走り抜ける度に
どこを向いても電柱が倒れて来そうだ
もうどこにも逃場はない

だれかと
だれとでもいい
話がしたい
普段はあんなにいたはずなのに

だれも約束守っていないんだな!
揺れが静まるまで待ったけど
だれもいなくなった
真っ暗な夜をさ迷う

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.