コールサックシリーズ

白河左江子詩集
『地球に』

地球に生まれて 地球で死ぬ 人間の命をつないで線にして 太く長くと暖めて 子孫を絶やさないために (帯文:詩「地球に」より)



目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
栞解説:鈴木比佐雄
A5判/160頁/上製本 ISBN978-4-86435-087-7 C1092 ¥2000E
定価:2,160円(税込)

白河左江子詩集『地球に』

発売:2013年1月29日



【目次】

一章 「地球に」

無色透明 
透かして見ると
作務衣ではなくもんぺを ―岡山空襲出石資料館にて 
腕時計 ―岡山空襲を語り続けて―
今 ふつふつと心にたぎるもの 
流れる 
流れ星に 
地球に
コーティング 
東日本大震災(平成二十三年五月初めに)

二章 「御十夜」

あのとき 
若 菜 
土の上に 
四つ葉のクローバー 
ドクダミ屋敷 
誕生日 
黄にらずし 
日食Ⅰ(二〇〇九・七・二二)
日食Ⅱ 
皆既月食(二〇一二・五・二一)
御十夜 

三章 「闇のかなた」

さくら 
驚愕のあじさい 
闇のかなた 
波波…… 
海のこちらは 
風があるのか 
雪 煙 (旭山動物園紀行) 
ジェフリー 
ふん・ふん・猫ふん 

四章 「蚊帳」

ベッドで 
蚊 帳 
鈴が鳴る 
母と娘と 
視 野 
曇っている 
見えないものを
細切れの 
握力 二 
とどかない 
ことば は 

 初出一覧 
 あとがき 
 略 歴 


詩篇

「地球に」

地球に生まれて
地球で死ぬ

人間の命をつないで線にして
太く長くと暖めて
子孫を絶やさないために
燃やしていた石炭 より
石油の方が効率がいい と
地層深くから吸い上げる
何千年何万年と
抱きつづけてきた地球の命
千メートル掘れば
吹き出す温泉
いつか地球はトンネルだらけになって
もつれもつれて
お互いがお互いを縛り
破裂しないか
いびつになった地球から
海水が滝のように流れ出ないか
科学がドンドン進んで
人間が増えて
パンパンになった地球から
似た星を捜して
宇宙に次々と飛び立つ
やがて交通事故が起きるだろう
宇宙船はチリヂリになって
宇宙をただようだろう
廃品回収の日は決めたのか
空中交通法は制定しないのか

学期に一度の廃品回収に
公園へ新聞や古布・あき缶を持って行く
子供たちが手伝っている
この子たちをどうやって守ったらいいのか
地球で安らかに死ぬために

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.