コールサックシリーズ

松尾静子詩集
『夏空』

諫早、長崎、……歳月の空に、濃密なものがたちのぼる。人と人の心のひだに結ばれた声が静かに響く。情景のあわいに薫る詩情は生きてきた証だ。切実なものをさわやかに届ける第一詩集。(詩人・編集者 佐相憲一)



目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
四六判/128頁/上製本 ISBN978-4-86435-101-0 C1092 ¥1500E
定価:1,620円(税込)

解説文はこちら

松尾静子詩集『夏空』

発売:2013年3月6日



【目次】


序詩 四 月


一章 「夏空」


木洩れ日


リュウの目

夏 空

晩夏Ⅰ

書を書く女

写真展(諫早水害)にて

レコード

カーテン

陽だまり

消された文字

火 鉢

芍 薬

祖父桜

母 よ

つゆ草

辻が花


二章 「少年」


少 年

残されたもの

潮干狩り

息子へ

蜥 蜴

青 年

ボヘミアン

芝 生

君 へ


三章 「青い鳥」


三 月

山 吹

春 宵

早 春―ある休日

若い友

風の中で

青い鳥

埠 頭

晩夏Ⅱ

晩 秋

俵屋宗達 月秋草

凍土からの風

孤 影

暖 炉

茶 碗

騎馬民族


あとがき 

略歴    



詩篇


「夏 空」


ねえお父さん

もっと青かったよね

青く深い空が

どこまでも広がって

真っ白な入道雲が

山際から

湧き上がり

輝いていたよね


リボンが

一人ひとり違う

麦藁帽子を被り

手を繋いで

海水浴へ

行ったよね


悲しみを

なぞることはもうしない

見失ってきたものを

問うことも


夏の青空が

あなたにもきっと


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.