コールサックシリーズ

大原勝人詩集
『通りゃんすな』
せめてあの橋を渡れば・・と/行手を遮るものがある/それは、通りゃんすな、と/煩悩の此岸に私を押し返した/かずらのように痩せ細った亡き父母の手だ
(「通りゃんすな」より)
栞解説文:鈴木比佐雄
A5判/104頁/ソフトカバー
定価:2,160円(税込)

解説文はこちら

toryan

発売:2007年4月15日



【目次】


1章 花の叫び

花の叫び

終日吹雪

伊春(イチュン)の春 

追跡者

特別寝台車 

鳥葬

ポタラ宮殿 

砂の館 



2章 十輪院の火渡り


十輪院の火渡り 

俺のふる里

太陽に向って走れ

瀬戸の潮騒 

ホームレス 

夕陽の森 

鯛の行方 

の葉物語 



3章 通りゃんすな


通りゃんすな

回帰 

赤とんぼ 

乱れ雲 

おふくろ 

秋桜 

小舟 

早春譜 

花の季節 

秋 

回天 砕け散る 

あとがき 



【詩を紹介】


ままにならない手術台の上から
一本の橋が暗闇に向かってがっている
渡ろうか渡るまいかと
迷い佇んだその橋も取り壊されて
エーテルの匂いが漂う径を
後戻りしたあの日
チラチラと見え隠れする
彼岸の灯りを背に
りついた村の広場
くりひろげられた盆踊りの夜に
浴衣姿の輪に踊った愛ちゃんや
鉦や太鼓で秋空を焦がした宵宮に
祭り半纏の渦の中で
御輿をかついで汗に溺れた哲ちゃんも
みんな村はずれの橋の向こうへ
姿を消してしまった

凌霄花(のうぜんかずら)の花だけが鮮やかな
朽ちた橋を渡ろうとして
またしても纒わりつくかずらの通せんぼ
生きるという聖域に名を借りて
み違った歯車は狂ったまま
くり返し重ねてきた恥と慾の数々
悔恨の海は深く淀み
怨嗟の声だけが遠く海鳴りのように
魂をしめつける

せめてあの橋を渡れば……
と行手を遮るものがある
それは、通りゃんすな、と
煩悩の此岸に私を押し返した
かずらのように痩せ細った
亡き父母の手だ

*エーテル‥溶媒液。麻酔に使用する。



前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.