コールサックシリーズ

下村和子エッセイ集
『遊びへんろ』

四国八十八ケ所の遍路を二度歩いた著者が〝無理をしないお遍路〟を教えてくれる。遍路の世界が世代を超えて、人々との交流と共にありありと書き上げられている。
仏教思想との対話も生きる知恵を与えてくれ、読んだ後に希望が湧いてくる。

四六判/248頁/ソフトカバー
定価:1,542円(税込)

下村和子エッセイ集『遊びへんろ』

発売:2010年3月2日



【目次】

  下村和子君に  加島祥造  1
  
Ⅰ 遊びへんろ 

序 遊びをせんとや  12
初めての旅はネパール  14
四国霊場八十八箇所MAP  18
春遍路  20
遊びへんろ日記  
(一) 四十九番浄土寺から   24
(二) 五十四番延命寺から   44
(三) 六十八番神恵院から  63
(四) 二十八番大日寺から  86
(五) 三十七番岩本寺から  108
第一回目の四国八十八ケ所結願   122
無常を生きる  130
花へんろ  134

Ⅱ 禅寺の食事

禅寺の食事  140
フード・シェアリング  142
伊那谷の風  146
お地蔵さん  150
鳥辺野 石川 淳『紫苑物語』  154
信 楽 水上 勉『しがらき物語』  158
六甲山麓に〝人間〟をたずねる小さな旅 大岡昇平『野火』  162
二上山は大和の影そして 五木寛之『風の王国』  166

Ⅲ 七千年の知恵

屋久島の縄文杉  174
七千年の知恵  178
常行一直心 ―盛永宗興老師のお導き  180
深夜の比叡山 無動寺谷 ―人が仏になる一瞬  186
鈴に聴く  194
私の宗教観  208
私の詩の方向 ―三師に導かれて  212
中間ランナー、そして渦  218
失った家  222
熊野の道  226
青を求めて ―戦後六十年、挫折の連続の中から  228
詩 まんまるに まんまるに  232

参考文献  238
あとがき  240
略 歴  242

「帯文」を紹介


意識はいつも
淋しがる
命はいつどこにいても
淋しがらない
意識はいつも
求めるけれど
命はいつどこにいても
求めない
意識はいつも
あちこち走ってゆく
命はいつも
いまいるところにいる

両方を
受けいれる
抱きしめてやる―
すると
自分の哀しさを
愛しむようになるだろうな
帯文:加島祥造(作家)
 
 
 
 
 

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)91号  2017年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)91号 2017年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.