コールサックシリーズ

山下静男詩集
『クジラの独り言』
アメリカ海軍の潜水艦の記録には
ヒゲクジラが
十二年ただ一人で遊泳していると言う
これまで聞いた事のない
声を発しながら

(詩「クジラの独り言」より)
栞解説:鈴木比佐雄
A5判/136頁/上製本
定価:2,160円(税込)

解説文はこちら

kujira

発売:2010年7月29日



【目次】


Ⅰ 野仏様

むかしあった練兵場で   
吹き消した者は     
また背中がひりひりする 
く つ         
京山物語        
Sを見付けた     
戸板の人は      
山のスケッチ      
出べそ         
根っこ         
蒲公英         
重ねた足がはずれる間の 
カナリヤのための窓 
野仏様       


Ⅱ クジラの独り言

クジラの独り言   
蚋         
いぬのふぐり    
熊ん蜂       
留守 留守     
鍵 は       
蚯蚓が光る     
たばこの吸い殻が  
エイッ       
待つということ    
頑張ろう        
ニュージーランドで⑴ 
ニュージーランドで⑵ 
似 顔        
霞んだ空から     


あとがき 
略 歴  



【詩篇紹介】


クジラの独り言


小鳥の声に目をさました
なにかを訴えている
窓を開けて耳をそばだてると
カザルスのメロディー(*)を残して
舞い上がった

言葉でさえ
なかなか心の谺を伝えてくれない

中国の若者の排日デモ
いまの日本人にはよく伝わらない
郵政民営化の大事な法案
与党の議員でさえ分からない
前夜仕込んだ知識を
机をたたいて教えたが子供達は生あくび
三十年連れそった妻でも
遺品の日記に
主人には私の言葉が通じませんと

七十年来使って来た文言は
朦朧として形を成さず
指を開いて空をつかむ
あげつらうように
自分の詩の連なりが
巻き上がりながら消えていく

アメリカ海軍の潜水艦の記録には
ヒゲクジラが
十二年ただ一人で遊泳していると言う
これまで聞いた事のない
声を発しながら

*パブロ・カザルス「鳥の歌」


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)98号 2019年6月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.