コールサックシリーズ

皆木信昭詩集
『心眼(こころのめ)』
他人の顔が/ぼやけて見えるからと/悲観することはない/顔の皺が無うなって/女房がだんだん若くなっていく/人の欠点が見えなくなって/みんな立派な人ばかり/自分までなんだか偉くなる//ものごとを見るのは/目でなく心で見る/どこかで聞いたのを思い出した
(詩「心眼」より)

栞解説:鈴木比佐雄
A5判/144頁/上製本
定価:2,160円(税込)

解説文はこちら

kokoronome

発売:2010年9月20日



【目次】


Ⅰ 心眼

心 眼    
仏 性     
いち日     
一切皆空    
合       
まるく生きる  
道       
不動明王    
父       
つかむ     
雨       


Ⅱ きさらぎ

きさらぎ    
鳥になって   
クロアゲハ   
山野草     
小豆を蒔く   
秋       
透明人間    
昼の月     
星       
ろうばい    


Ⅲ 残 生

残 生        
坂          
ぎゃあてい      
夫 婦        
老人性難聴      
不 安        
二律背反       
長生き        
寿 命        
もしそう言われたら  
終 焉        
老 い        


あとがき  
略 歴   



【詩篇紹介】


心眼


なんにちも日和がつづくので
明日あたり雨が降らないかと
夜空を仰いだら
赤い星がくっついて二つ
あれは火星のはずなのに
見る方向で二つに見えるのか

両目で見ても
片目で見ても
月が二つ
病院で診てもらったら
白内障
 手術すれば治るのでしょうか
 まだそこまで進んでいません
それなら当分このまま
ありがたいと思わなくちゃあ
みんなには 一つが
わたしには ふたつ

他人の顔が
ぼやけて見えるからと
悲観することはない
顔の皺が無うなって
女房がだんだん若くなっていく
人の欠点が見えなくなって
みんな立派な人ばかり
自分までなんだか偉くなる

ものごとを見るのは
目でなく心で見る
どこかで聞いたのを思い出した


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)91号  2017年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)91号 2017年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.