コールサックシリーズ

『山岡和範詩選集一四〇篇』

根があって 大きい幹があって
枝は おんなじようなたしかさで
小学生の一群が
晴天に指をひろげるように
はたらく者の腕が五月の空を支えるように
(「けやき」より抜粋)

解説文:佐相憲一、くにさだきみ、鈴木比佐雄
四六判/224頁/上製本
定価:1,542円(税込)

解説文はこちら

山岡和範詩選集一四〇篇

発売:2010年8月6日



【目次】

第一詩集『貧者の求愛』(一九五六年刊行)より
出 発  10
ある風景  10
商店街にて  12
門出をおもう風景  13
旧 友  14
愛情のバクダンのなる木を  15
少 女  16

第二詩集『けやきの絵』(一九六三年刊行)より
けやき  17
新生一箱  17
福雄くんのこと  18
シンちゃん  19
責任について  21
母 親  22
けやきの絵  22
握 手  23
石と意志  24
原爆資料館にて  25

第三詩集『教師の詩』(一九七七年刊行)より
運動会のキミガヨ  27
おかゆばら先生といねむり先生と代用教員  28
ある町  31
公 園  34
記 憶 ―あのころのこと  34
写 真  37
原爆資料館  38
芽のこぶし  40
わがふるさとのおばあさん  41
山の上にそびえていた松  43

 

第四詩集『絵になる風景』(一九八三年刊行)より
木の芽への思い  46
絵になる風景  46
新宿西口風景  47
佐渡原先生のこと  49
学校の屋上にあがると  50
チョウヘイ  51
わたしの墓参  54
原 発  54
子どものころの話  56
いたどり  57
鏡  58

第五詩集『わが家の庭』(一九九〇年刊行)より
わが家の庭  59
自然について  59
わが家の庭のけやきについて  60
ニュース  61
「戦争を語りつぐ」展  62
国会請願  63
キヨコの千羽鶴  64
ねぎを食べた話  67
庭の母子草  69
二十年ほおえみたたえて  70
おくさまのほおえみ  71
ピンク色のカーネーション  73
どうだんつつじ  73
みみずの風景  74

第七詩集『八月の幻覚』(一九九六年刊行)より
荒川の土手で  75
不安なとき  75
島の風景  76
傷  76
知 覧  77
怒りの素顔  79
テニアンの風景―鎮魂不戦の旅―に参加して  80
山手教会にて  84
八月の幻覚  86
五十年前のこと  88
あれから五十年逃げて生きのびた  90
沖縄へいってみたい  92
沖縄の少女  93
詩碑の前で  95
洞窟の骨  97
詩人でもあった五十嵐顕さん  98

第八詩集『日陰に咲く』(一九九八年刊行)より
初 夏  101
あいさつ  101
日陰に咲く  101
軒下の稲  102
初恋のひと  102
墓 参  103
母の骨  103
諫早湾その後  105
けやきの芽と枝とムツゴロウ  105
フェンスのアサガオ  106
くさり  106
日本の旗は  107
病 巣  107
三十二年の勝利  108
元日の朝  109
新幹線から見える富士山  111
鎮魂不戦の旅(1)  112
鎮魂不戦の旅(2)  116

第九詩集『皆既月食』(二〇〇一年刊行)より
白 浜  120
四十七年も前のこと  120
ふるさと  121
ふるさとの風景  123
いじめ  125
八百屋の前で  126
アメリカザリガニ  127
富士山と横田  127
戦後五十余年を生きて  128
二十一世紀の夜明け前  130
ざくろ  131
微笑のひと  131
風 化  132
皆既月食  133

第十詩集『孫娘とタンポポ』(二〇〇三年刊行)より
覚えた色  135
アフガンの女の子  136
あたらしい憲法のはなし  137
最近の情報  139
「広島・長崎の火」を永遠に灯す会  140
クラスター爆弾  140
孫娘とタンポポ  141
先生の手紙  142

第十一詩集『スイちゃんの対話』(二〇〇六年刊行)より
スイちゃんの対話  144
ひとりごと  144
会 話  145
へんな夢  146
病院の帰りに  147
納 骨  148
彼女の遺影  149
大久野島  149

第十二詩集『笑生ちゃん』(二〇〇八年刊行)より
笑生ちゃん  151
花  151
山茶花  152
富士街道と富士町  152
あたらしい浦島のはなし  153
山鳩の記憶  156
学徒動員のこと  157
学徒動員その後  159
玉音放送 ―ある老人の話  161
雨戸を開けると  161
桜前線  163

未収録詩篇 
優希へ  163
コスモスと孫娘  165
九歳で死んだ孫娘  165
社会科見学  165
夾竹桃  166
富士山  167
宣 誓  167
原爆展  169
碑名の近くで  169
元安川  170
願いはひとつ  170
『原爆詩集』紹介  170
朝  173

【エッセイ】
ヒロシマ・そして戦後
―峠三吉に出会ったころ―  176
解説・詩人論 
「にんげんをかえす、けやきの詩人」 
佐相憲一  188
「山岡和範という詩人の資質」 くにさだきみ  196
「峠三吉の詩的精神を夏空に問い続ける人」
鈴木比佐雄  203

略 歴  216


詩篇を紹介

けやき

根があって 大きい幹があって
枝は おんなじようなたしかさで
小学生の一群が
晴天に指をひろげるように
はたらく者の腕が五月の空を支えるように
その枝々に主従はなく
太陽は 平等にいただくのだと
五月の空を支え
五月の晴天にひろがる
しげって風にそよぐ その葉のみどりも
その葉のやさしさも
太陽のかげにくもるものはない

 

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)91号  2017年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)91号 2017年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.