コールサックシリーズ

木村淳子詩集
『美しいもの』
美しいものはまだまだあるが/いちばん美しいのは//槍で突かれて血を流すこころ/流れ出る血のしずくは//初冬の空に紅いナナカマドの実となり/私たちを高みへと引き上げてくれるだろう。
(詩「美しいもの」より)
栞解説:鈴木比佐雄
A5判/136頁/上製本
定価:2,160円(税込)

解説文はこちら

utukusiimono

発売:2011年2月25日



【目次】


一章 春の靴

晴れ間               
解 放               
再 生               
二月の雨に             
春の靴               
海を聴いている           
ラミウム              
散 歩               
あきらめの悪い           
みじかい夏だから          
コスモス・センセーション      
十月の夕暮れ            
晩 秋               
蠅                 


二章 月 妹に

月 妹に              
ピアス               
顔                 
う た               
白い花の道             
ミニアチュールの幼子の絵に     
牡 丹               
手と手               
私の歩みが遅いものだから      
いつものように

           
三章 美しいもの

ヨーロッパに行ったことがありますか     
問うてみる                 
かもめ―ユーゴから来たゾランに        
カサブランカ―白いゆりによせて       
魔術師                   
彼女は黙っていた―被爆のマリア像によせて   
なくなったものたちへの挽歌         
代 価                   
翳る庭                   
美しいもの                 


あとがき  
略 歴   



【詩篇】


「美しいもの」


花びらの間に 露の珠を宿して
開き初めた 六月の紅い薔薇

鳩羽色の空の下 静かに
色を深める 紫陽花の青

美しいものはまだまだあるが
いちばん美しいのは

槍で突かれて血を流すこころ
流れ出る血のしずくは

初冬の空に紅いナナカマドの実となり
私たちを高みへと引き上げてくれるだろう。

黒い鳥の影が地を覆い
日暮れは早くなり 
降り止まぬ大雨に大地は浸されて
すべてが押し流されてしまったが

私の心を占めるのは
あなたが約束された調和の国。

やがて秋草がそよぎながら
優しい花を咲かせる野原。

夏もまだというのに灼熱の陽に焼かれ
秋も来ぬというのに
ふいにされた穫り入れの

畑の入り口に立って思い巡らしている。


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)98号 2019年6月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.