コールサックシリーズ

大森ちさと詩集
『つながる』

何も驚くことはない/全てつながっているのだ/貴方も私も/町も村も/ネコジャラシも薔薇も/冬も夏も/手をとりあい/つながっている/十年前も今日も/百年前も今日も/手をとりあい/つながっている(詩:「つながる」より)

解説文:佐相憲一
四六判/128頁/上製本
定価:1,542円(税込)

解説文:佐相憲一はこちら

大森ちさと詩集『つながる』

発売:2010年12月12日



【目次】

Ⅰ こころの花

こ こ
夕陽 Ⅰ

流 木

シャボン玉

ゆれる
空 転
過 信
見たことがありますか
雲の上
すみれ
椎の花
秋の日
哀しみ

Ⅱ 人の世

土の中で
空は果てしなく
積み上げる
散って行く
巡るメール
君子蘭
夕陽 Ⅱ
新宿東口小さな花屋
森の中へ
動く Ⅰ
動く Ⅱ
何でもないのに
可能性
無花果
歳月の花
野薔薇の中にいる

氷の力
いいこと
つながる
Ⅲ ふるさと


過 疎
蜜柑畑
オリーブの木の向こうから
居場所
孟宗竹
現れる
雛壇の下で


特別列車
願いごと
煙 Ⅰ
煙 Ⅱ
ヤスクニに行く
夜 桜
野に返す

天空の風

あとがき
略 歴



詩篇を紹介

「つながる」

何も驚くことはない
全てつながっているのだ
貴方も私も
町も村も
ネコジャラシも薔薇も
冬も夏も
手をとりあい
つながっている
十年前も今日も
百年前も今日も
手をとりあい
つながっている

 

「ここ」


そこにいるのですか。
はい。ここにいるのです。
いつまでいるのですか。
わかりません。
ここってどこですか。
ここです。

 

「土の中で」

土の中で
詩集と白い骨とが眠っている

父が二十七歳で逝った
息子のためにしたこと

二十年経った今
ひんやりとした土の中で
闇をかかえ眠っていた詩集に
骨は光を放ちはじめているという

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.