コールサックシリーズ

平井達也詩集
『東京暮らし』

現代社会の苦味とリアルな生活実感。
バブル崩壊、不況、時代閉塞・・・。働き盛り世代の鋭さとほろ苦さとユーモアで、大都会と列島とこころを描く。第一詩集にして本格派。現代詩の逸材出現。とびきりの生きた詩をおくる。

解説文:佐相憲一
四六判/128頁/上製本
定価:1,542円(税込)

解説文:佐相憲一はこちら

平井達也詩集『東京暮らし』

発売:2011年2月25日



【目次】

序 詩 
球技  6

Ⅰ  東京暮らし

おい 東京  12
転居  16
西武線  18
水曜日の焼き鳥  22
土曜日正午、蕎麦屋  24
豚くさい祝日  26
毒婦  30
ドラッグ・アイドル  34
新宿  38
保存方法  42
あなたは郷里でスープを  44
休暇はおしまい  48
出勤  50

Ⅱ  列 島

深夜便  54
山羊  56
潜水列島  58
感染  60
オフライン  64
連休  68
村を走る  72
農村の晩秋  74
お父さんは白い犬  76
傘  80
この坂道  82
いまだ前線は近く  86
Ⅲ  こころ

だいだい色の海  92
嘘  94
遺失  98
います、いますか  100
私的因果論  102
夏の裏面  106
秋の裏面  108
見えない  110
夜に引っかかる  112
旅暮らし  116
パンツ  120
髭が伸びた分だけ  122

あとがき  126
略歴    127


おい 東京


おい 東京
おまえのふところに飛び込めば
きっと夢がつかめると
暮らし始めて二十年が経った

おまえの内臓はでかすぎて
深すぎて
いまだにその中で
浮いたり沈んだりしているだけだよ

はじめ考えていたことも
もう ときどき
忘れてしまうようになった

あの子と出会い
あの子を守ることだけは
がんばろうと思ったけれど
それもだめかもしれないんだ

おい 東京
そうすると悪酔いしないというから
今夜もきゅうりを齧りながら
おれはおまえに
おやすみをいうよ

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)98号 2019年6月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.