コールサックシリーズ

『川村慶子全詩集』 

生きることの、何という不思議な豊かさであろう。

苦しみと悲しみの最果てからの、何という逆転劇であろう。

北の詩人の真情が人生まるごと胸をうつ。

日高、網走、標茶、旭川、伊達、・・・そして青森野辺地、弘前。

川村慶子さんの詩世界は、ひたむきに人間そのものをとらえている。


(佐相憲一・解説文より)



目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

【その他にも立ち読み可能な書籍がございます】
コールサック社の電子ブック立ち読みサイトはこちら


解説:佐相憲一、鈴木比佐雄
A5判/560頁/上製本 ISBN978-4-86435-114-0 C1092 ¥5000E
定価:5,400円(税込)

kawamurakeiko_web

発売:2013年7月29日



【目次】

■第一詩集 半生 (一九六〇年)


序詩 半 生


半 生 ㈠

蒙古発祥

シナントロプス・ぺキネンシス

亡兄の日記

純粋の日

ランプ

雪ひひ

古き地変

十三丁目角にて

終電車

日 常

この頃

距 離

かなしみ

幻 覚

怪 鳥

贖 罪

慈 夜

地 上

友 情

酷 暑

母の星

秋の祈り

或る郷土交響曲

秋の夜


半 生 ㈡

見舞い

無 題

白 衣

カルテ

治療室

知と愛

聖 職

巡 礼

故 郷

恋の橋

春の孤独

カルピス

誕生日

麦 畑

悔 恨

窓 口

秘 薬

帰 省

猫 ㈠

猫 ㈡

猫 ㈢

手 紙

夏 雲

―に

上 京

東京三題

幼女のうた

沼 気

反 骨

敗 残

ビゾン―アルタミーラ洞窟― 

五匹のシカ

河を渡るシカ―ラスコー洞窟― 


あとがき(初版)

あとがき(再版にあたって) 



■第二詩集 悲歌 (一九六五年)


◇第一部

或る日

郭 公

春の庭

ぶどう

すもも

少女期 A

少女期 B

少女期 C


◇第二部

悲 歌―轢死―

焚きつけ

決 闘

なすな恋

火の鳥

高 砂 ―縷言―

望 郷


◇第三部

旧 友

さくら

紅灯の巷

柑きつ

文 通

片栗の花

日 蝕

記 憶

ダイヤ


あとがき



■第三詩集 珊瑚草 (一九七三年)


序 安部宙之介


◇第一部 珊瑚草

ガラパゴス

辛 夷

比翼塚

高砂台

金の釣り針

コタンの秋

私が十三歳だった時

長 安

あなたへ

冬が来た

もう間に合わない

葬 り

投身・海

かいもの

こうのとり

Krishna 恋慕

はづき

燔 祭

珊瑚草

山 杉

監 獄

亡 霊

駆け足で冬がやって来た


◇第二部 蒼いあなた

信仰告白

生きるとは何か

言 葉

死から

現実肯定

蒼いあなた


跋 文 佐藤喜一

あとがき



■第四詩集 京都彷徨 (一九七八年)


◇詩集 拈華微笑

常照寺

源光庵

光悦寺

詩仙堂

竜安寺 ―大珠院―

妙心寺 ―食事五観文―

嵐 山

西本願寺

二条城

京都御所

今宮神社

大徳寺 ―孤蓬庵 その一―

大徳寺 ―孤蓬庵 その二―

霊山観音

高台寺

青蓮院

平安神宮

南禅寺 ㈠

南禅寺 ㈡

白沙村荘

銀 閣

◇歌集 曼荼羅

雨の京都 六首

悪夢 その一 四首

青蓮院 四首

雪夜 四首

悪夢 その二 四首

シータ 二首

紙幣 一首

空港 四首

京都 十二首



■第五詩集 十二支版画集 (一九八二年)


一 月

二 月

三 月

四 月

五 月

六 月

七 月

八 月

九 月

十 月

十一月

十二月



■第六詩集 別れのベル (一九九一年)


半 生(本全詩集では第一詩集に収録)

半 生(本全詩集では第一詩集に収録)

半 生(本全詩集では第一詩集に収録)

飲酒考

秋妻考

畳替え

流 氷

爽 籟

鉄 橋

珊瑚草

標 茶

別れのベル

袖 丈

葡 萄 ―サトウ民芸操夫人に―

霧 雨

火 炎

夜勤があった頃

物言わぬ足へ

肩を犒う

月 山

春 昼

―「原郷のこけし群」上・下二巻の著者に―

日高山脈―〈慶能舞〉―

熱帯夜

プソイド・ドラコニア綺譚

根室の作家

星 夜

べんけいそう



■第七詩集 土偶の頰 (一九九五年)


屋号 Ⅰ

屋号 Ⅱ

屋号 Ⅲ

屋号 Ⅳ

夢みち

隣席の人 ―いとこまいこつ―

戒 名

片便り

黄水仙

たらば蟹参上

蟹まんだら

大おばの歌 ―慶大に―

お前のパパは―幸司に―

餅の思い出

夏の思い出

マリモ

ハムの歳暮

台風報告

詩碑訪問

土偶の頰


あとがき



■第八詩集 木になった弟 (一九九八年)


ベニバナトチノキ

ラクウショウ

オウゴンギンドロ

メタセコイア

カンボク

ホオノキ

フランクリンノキ

ノリウツギ

モミジバスズカケノキ

トチノキ

ハ ス


あとがきに代えて―逝きし弟二十首―



■第九詩集 馬 (二〇〇二年)


馬―列のなかに死体を

くくりつけられた馬がまじっていた―

落武者

異 界

十勝岳の鶯

丸 背

上野駅の秋

送 本

綱引き

ラッコ

紗の紋付

学級写真

涅槃像

三筋壺

聴 覚

四大苦

荒巻鮭

かものはし

さくらちゃん

金物の金魚

シダレカツラ

南の海

北の海

花鳥渓谷のバラ

ステーキ屋シド亭


『馬』に寄せて     西岡光秋



■第十詩集 箱馬車 (二〇〇二年)


序詩 箱馬車


玫 瑰

日録一―漢王朝展見学―

日録二 ―銀閣寺参詣―

アロマセラピー

特別室と四人部屋

戯れせんとや

赤とんぼが銜えて来てくれた一葉

「さくら」ちゃん


縄とび

詩 集

時 計

緑が美しい日

「不思議な国」出現

魑 魅―港野喜代子と山内宥巌―


新緑の候

百年ごとの将門祭

石けり

温泉旅館

諸葛菜

木 菟

今日も海で

四代の世を生きし長姉まんじゅしゃげ


鳥 葬

句碑考

キャシーの夢

旅 愁―東室蘭にて―

或る詩人祭の夜


あとがき



■第十一詩集 遠き海明け (二〇一二年)


遠き海明け

回想 麻里子

詩人の母への便り

逝きし叔母刀自

能登の別れ

精霊船

昆虫記抄 ―初稿発見―

野鳥を友とする女

姉の逝った日

―謝り通しで年老いた妹我よ―

祝歌エッサカホイ

ロマンス―巨大地震の上を跳んだ男― 

ああ野蒜界隈


あとがき



■詩集未収録詩篇


◇小冊子『詩集 比翼塚』から

異 郷

さ が

慶能舞

月 光

ヴェトナム

幼 年

暖 冬

鳥 取

誰アれもいない

いやな

気付く

転勤について

膿んだ心臓

或る日

比翼塚

逃げはしない ―タスマニア・デビルに―


◇詩選集『新・日本現代詩文庫 川村慶子詩集』から

牢居の死

風蕭々

北の風評

歴史の小径

満員の聴衆がどよめく

寵 臣

窮 乏

重荷放擲

土葬の前後

はくもくれんのように


◇詩誌「日本未来派」から

花の家

光るされこうべ

贈り名

よもつひらさか

冬 日

老女の風邪


◇詩誌「something」から

先立った ひとへ

荒天渡河の夜

ドン・キホーテ

たとえば骨粗鬆症

大 鴉

菊拉ぐ

夜 桜

赤い速達が届いた。

降 灰


◇詩誌「コールサック」から

小熊秀雄よ 旭川の雪が恋しくないか


◇詩誌「詩と思想」から

眠る前の老女のうた ―詩人と樺太―


◇詩誌「ガニメデ」から

又、来いよう ―お遍路日記―


◇詩誌「新・現代詩」から

町の萬年筆屋


◇詩誌「朔」から

作家に


◇『生活語詩二七六人集』から

逝きし人へ


◇『鎮魂詩四〇四人集』から

お寒いです


◇『詩と思想 詩人集』から

小熊の小父さん

金の沓

連 翹

些細な思い出

百歳になった

鮫あいつは刃だ(光晴)

雪中の花寄せ


◇『新・現代詩詩人集 2004』から

下仁田葱


◇日本詩人クラブ『日本現代詩選』から

桜 雨

干 す

床屋さんと雪

後期高齢者医療被保険者証

佛壇のお水が凍った

野ぶどう


◇『青森県詩集』から

鯖大師

窄んでゆくばかりの幻花忌

シャンソンを聴きに

のん気な寡婦の歌―十符の菅菰

在天の師―A先生に―



■句集 冬のオホーツク (二〇一二年)

第一章 北の花 十九句

第二章 冬のオホーツク



■随筆集 鳥は神に向って翔ぶ (一九八六年)

鳥は神に向って翔ぶ

望郷くしろ ―その啄木碑―

桜桃忌詣で

未刊夢二日記

知床の人

藤野先生

痛みの金粉―随想と私―



■豆本 わたしの夢二日記 (一九八五年)

わたしの夢二日記



■評伝 造本の阿修羅―蘭繁之の仕事展―補遺



■小説 昭和に死す (一九九六年)

昭和に死す



■解説

北の詩人の真情が人生まるごと胸をうつ

             佐相憲一

日高・網走と弘前から愛される人 

             鈴木比佐雄



■川村慶子 年譜

■作者のことば

■編注




【詩篇紹介】


「純粋の日」 (第一詩集より)



思いがけない 雨 に 降られて

たのしかった

純粋の日―よ

大きな樹蔭に 走り寄って

二人並んで

雨の晴れまを 待っていた


  「あ、 又ひどくなりましたネ」


  「でも、晴れそうですよ」 って。


そして 私達は いつしか

手を触れあい、 静かに

頰を寄せあって

―泣き出してしまった。


ああ、 純粋の日―よ

草木も 心も

洗われていった その日よ。


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.