コールサックシリーズ

松本高直詩集
永遠の空腹』
淡雪は名残の表に散ればいい/挙句の五文字の上にあいた/虫食いの穴/あわれとは流刑地の桜さ//穴のむこうは見えないけれど/きっと/永遠の空腹に/じっと耐えている/詩神がいるよ

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
栞解説:鈴木比佐雄
A5判/112頁/上製本 ISBN978-4-86435-120-1 C1092 ¥2000E
定価:2,160円(税込)

松本高直詩集『永遠の空腹』

発売:2013年8月6日



【目次】


Ⅰ 春の階調


春の階調
誰も寝てはならぬ
春 望
ある晴れた日に
リリカルに
抒情小曲
秋 日
冬 至

Ⅱ 時の坂

時の坂
そは彼の人か
漏 箭
抒情の帆
海 境
既視の空
半 影
影を搏つ

Ⅲ 童謡

風の中の羽のように
紫陽花のうた
童 謡
鳥の歌
恋 唄
夜の歌
エチュード
風のソナチネ

あとがき
略歴
初出覚書


【詩篇紹介】


「誰も寝てはならぬ」




憂鬱なのは
これは
春のせいじゃないね

揚げ雲雀の声が
未生の空から聞こえてきても
耳は
和まないんだ

鳥影は地上まで届かない
だから
あわてて歩き回ると
前方の視界から崩れてゆく

戯れに
砂消しゴムで削った
太陽は
鄙びた教会の
フレスコ画の中で輝き続けているという

野外舞台の袖では
綾取りしかできない
デモクラットがいて
失意の風車を回しているという

洋梨の形をした
万華鏡の中で移り変わる人生は
覗くたびに
誤植だらけで美しいんだ

淡雪は名残の表に散ればいい
挙句の五文字の上にあいた
虫食いの穴
あわれとは流刑地の桜さ

穴のむこうは見えないけれど
きっと
永遠の空腹に
じっと耐えている
詩神がいるよ



前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.