コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

洞彰一郎詩集
遠花火』
ことしも/遠くで上がる花火を/ひとりで見ているのです/花火の好きだった/あなたの部屋の窓から/あの日と同じ夜空を尋ね(序詩「遠花火」より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
四六判/128頁/上製本 ISBN978-4-86435-127-0 C1092 ¥1500E
定価:1,620円(税込)

洞彰一郎詩集『遠花火』

発売:2013年9月20日



【目次】


序詩 遠花火

一章 追想

追想
玩具箱
自鳴琴
紅雀
遊離魂

二章 春を待つ

春を待つ
彼岸会
しだれ桜
優曇華
暮秋
老木に花
盆の夕
鞄のなか
小春日和
白いベッド
怠惰な冬

三章 星屑

星屑
うさぎ
Clair de Lune
もしも
水琴窟
博物館
森にしとしと
楽しき貧しさ
残響

四章 空葬

空葬
死刑囚
死者との語らい
つひにゆく道
廃炉
姨捨山
来世
ラシアン・ルーレット
散歩道
柩をつくる男

五章 夢ひとよ

夢ひとよ
ある墓碑
海に還る
ピアノの詩人
The  Book  of  Tea

あとがき  
略歴    




詩篇


「星屑」


昔 楕円体をした星に
生物が存在していた
いつも生と死を繰り返し
いまは ただ
そんな痕跡もなく
静謐な天体にとどまっている
それにしても
生物が滅んだ跡の星の
なんとまた
生き生きと瞬いていることか



「空葬」


旅の途に倒れた
身もと不明の行旅死亡人
彼は漁夫だったかもしれないし
あるいは明日の
私自身かもしれない
やがて夕もやのかかるころ
無縁墓地に葬られる

旅人を待つひとは老い
その日 海辺の村では
空葬があるという
骨壺に納める骨も帰らぬまま……

海は夕なぎ
見知らぬ子供が
浜辺で貝がらを拾い
森では疲れた啄木鳥が
空の柩をつついている

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)91号  2017年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)91号 2017年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.