コールサックシリーズ

中村純詩集
はだかんぼ』
午睡から目を覚ませ、「わたし」よ。/ひとりの女性詩人の深い痛みから生まれたことばたちが、/「わたし」の心をゆさぶり、掘り起こす。(帯文:落合恵子 作家・クレヨンハウス主宰)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
栞解説文:鈴木比佐雄
A5判/128頁/ソフトカバー ISBN978-4-86435-121-8 C1092 ¥1500E
定価:1,620円(税込)

中村純詩集『はだかんぼ』

発売:2013年9月20日



【目次】


序詩 水底の家族
  ―東北の海の底に在る、懐かしい死者たちへ―

一章「はだかんぼ」

はだかんぼ
足の裏
海の中の死者 ―汚染水の流され続ける東北の海に―
あの春
新しい人たちに ―子どもたちへの詫び状
ヒバクシャ
男を守れ

二章「ほおずき市」

祭 り
無窮花
ほおずき市
花 火
パッチム

三章「もしも、私たちが渡り鳥なら」

やわらかな者たちへ
らせん
海と桜
路 地
勇敢な女に
もしも、私たちが渡り鳥なら―すべての母たちへ

四章「愛し続ける者たちへ」

ひとりの女性の写真に寄せて
八月六日の死者たち
愛し続ける者たちへ
生まれなかったあなたへ
水の子ども
樹の下に ―綾部の森に
川べりの街

あとがき
略 歴





詩篇


「はだかんぼ」


おふろあがりの君
はだかんぼ! と言って笑い
バスタオルを持つ私の手から逃げる
おしめもしない
お洋服も着たくない
はだかんぼ

部屋にあふれる君のわらいごえ
逃げる君を追うわたし
つかまえても つかまえても
するりとぬける はだかんぼ
どこまでもどこまでも 
わらって逃げる はだかんぼ

ちいさなひとがたの天使
からだじゅうでわらう はだかんぼ
やわらかな はだかんぼ

わたしのところに降りてきた無垢ないのち
美しい はだかんぼ
無防備な はだかんぼ

やがて君はちいさな服なんか着て
色とりどりの絵本を見て
お話を聞いて 
ほやほやと眠る

わたしは傍らで 
そのちいさなまぶたを見ている
夜が静かに平和にあたたかい

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.