コールサックシリーズ

李美子詩集
『薬水を汲みに』
三十二篇の詩作品が一篇一篇ささやかに身がまえていて、最晩年の年齢域に突入した小生にとって、好ましい対応であった。素朴な展開で、水を少しずつ汲むような日常生活思想が伝わってくる。〔帯文〕詩人 長谷川龍生

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
A5判/144頁/ソフトカバー / ISBN978-4-86435-155-3 C1092 ¥2000E
定価:2,160円(税込)

李美子詩集『薬水を汲みに』

発売:2014年5月28日



薬水を汲みに
遠い視線
戦うかぼちゃ
そうして夕べには
木根橋
ウォーターマーク
迷路の町
ちゃんそり、ぱんそり、よっそり  
窓のむこう
ムルオリ
山深く
下流へ

 Ⅱ
蓮の花
ぶっそうげ
油桃花
雨の日の集会
月の明かりに
ゼロの風景
翔べ、クロツラヘラサギ
身世打令
遠いシニシュ
 Ⅲ
貝のすむ町で
乞田川のさくらトンネル
よこやまの道
鳩に、人に
峠の捲きみちで
始皇帝のあんず
水蜘蛛
無印というしるしの店
猫と噴水
自由人
外国女
【跋文】 水を汲む生活思想
 詩集『薬水を汲みに』に寄せて 長谷川龍生

あとがき
略 歴




薬水を汲みに




婚礼の日の朝
スニは行李のなかに忍ばせた
夜明かしをして縫い上げたポジャギ
村の娘らの細く器用な指先を持たない
スニに針仕事は向いていないけれど
麻布をヨモギとホウセンカで染めて
淡い色あいのポジャギはどうにか仕上がった
未来の姑さまに恥ずかしくないように

若い嫁のスニ
夜明けを待って薬水を汲みに山にのぼった
村の女たちのだれよりも辛抱づよい
ときに ヌッテに遭うかもしれぬ
険しい金剛峰の下まで その水の冷たさ清らかさ 
甕いっぱいを頭にのせ山をおりる
鳥が目をさまし スニの頭上で水はたのしげにゆれて
はるか村の家々から朝餉の煙がたちのぼった

*1 ふろしき、袋物など。違う色布を合わせ縫う
*2 朝鮮オオカミ

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)91号  2017年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)91号 2017年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.