コールサックシリーズ

今話題の書籍

アンソロジー詩集
『少年少女に希望を届ける詩集』
NHKニュースおはよう日本(関東甲信越)で特集!

大好評につき3刷刊行!

詩人、作家、教育関係者などによる200人詩集。いまを生きる多感な少年少女へ、そっとエールをおくりたい。「教えるとは希望をともに語る語ること」(ルイ・アラゴン)。誰でもいつかは少年少女、そんな視点で心のうたをお届けします。学校で、塾で、電車の中で、家庭で読んでいただきたい1冊です。

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
編集者:曽我貢誠/佐相憲一/鈴木比佐雄
A5判/320頁/並製本 ISBN978-4-86435-258-1 C1092
定価:1,650円(税込)

『少年少女に希望を届ける詩集』を合計1000冊寄贈します download

アンソロジー詩集『少年少女に希望を届ける詩集』,教育,詩,詩集,学校

発売:2016年7月21日




新聞・各種メディアの記者・編集者の皆様へ【コールサック社からのニュースレター】

 

学童保育、子ども食堂などの子どもを支援する施設・団体などに、

コールサック社が『少年少女に希望を届ける詩集』を1,000冊無償で寄贈します。

 

泣いても いいんですよ          

きれいに洗われた

心の空に

虹をかけることができる

涙であるのなら

    新川和江「先生に」より(『少年少女に希望を届ける詩集』収録)

 

新型コロナウイルスの影響で学校が休校になり、近所の子供たちが家にいるのも飽き退屈で、どこかさびしそうに路地裏で遊んでいる姿を見かけるようになっています。

このようないま置かれている子供たちの状況から何かできることがないかを考えました。

 コールサック社は、4年前に『少年少女に希望を届ける詩集』を刊行しました。この詩集は学校現場や親御さんからの支持があり、現在も3版目が販売されています。

そこで学童保育所、子どもたちを支援する民間施設、子供食堂などに、この詩集1000冊をコールサック社が無料で贈呈させていただきます。こういう時期だからこそ「少年少女たちに少しでも希望を届けたい」と願っています。

コンビニから寄贈されたおにぎりのようにお腹の足しにはなりませんが、詩人の谷川俊太郎、新川和江、宮沢賢治、金子みすゞ、作家の浅田次郎、落合恵子、あさのあつこ各氏を含む200名の物書きたちの言葉が子供たちの「心の栄養」になって欲しいと願っています。

さらに各種支援施設で奮闘されている皆様のお力に少しでもなれればと願っています。

 申し込み先・申し込み方法等の詳細は下記をご覧ください。

以上の件を紙面などのメディアでご紹介下されば幸いです。

2020年3月16日 コールサック社代表 鈴木比佐雄

 

・寄贈書:『少年少女に希望を届ける詩集』(送料も無料)

・寄贈冊数:1,000冊(1施設、1団体につき1冊まで寄贈)

・申し込み期限:20203月末日まで

・寄贈の申し込み方法、申し込み先等

子供を支援する会・施設の名称、担当者名、住所、電話、FAX、預かっている子供人数などを記載してFAXかメールでお申し込みください。

株式会社コールサック社

【FAX】03-5944-3238 【メール】suzuki@coal-sack.com 【電話】03-5944-3258 



【住所】〒173-0004 東京都板橋区板橋2-63-4-209 【HP】http://www.coal-sack.com/


※FAXでお申し込みの際は上の申込用紙PDFをダウンロードしてください。
その他の自由な書式でも受け付けます。



☆ツイッター連動企画

SNSで希望の詩を発信しよう!

こんな時だからこそ、
ツイッターでハッシュタグ

#希望の詩
をつけて、詩・短歌・俳句・川柳など、
自由な心の言葉をつぶやいてみませんか? 

~あなたにとって希望とは、何ですか?~







目次
 はじめに

未来を切り開くために 曽我貢誠

 第一章 学ぶ

谷川 俊太郎 学ぶ
洲 史 なにか ご用はありませんか
山村 暮鳥 風景 純銀もざいく
河原 敏子 学級目標と約束ごと
なでしこ 3つのる/車中第困狂想曲
秋野 かよ子 四月の君は
松沢 清人 教室・冬
小野 浩 勇気/夏の心臓
志田 道子 ふしぎだ
築山 多門 扉
今泉 友佑 自分でやる三十分
市川 つた 十点満点
谷口 典子 赤いリボン/勉強 きらい
堀江 雄三郎 息吹き/クリスマスリトル
 コンサート/うんどうかい
覚 和歌子 問いかけ
吉田 隶平 負ける
あさの あつこ おまえならできる
二階堂 晃子 すさまじい無言/彩マイルーム 
古屋 久昭 ひとりであって ひとりでなく

 第二章 歩む

高村 光太郎 道程/冬が来た
こやま きお G君のこと
保久 学 のろり、歩いて
風 守 私はいるのか
星野 博 転校生
橋爪 さち子 あるく
音月 あき子 理由のない不安と寂しさ
原 詩夏至 学校を初めてさぼった朝
島村 誠 ピアノが教えてくれた事
野村 朗 十六歳の悲しみ
さわの みえ こどものころから
中西 衛 中学生日記
荒木 せい子 不思議なところ/いじめられていたら
ひまわり 笑顔の源
星 清彦 砂糖湯の想い出
伊藤 誠一 子どもは教員の言葉を待っている
山田 透 ハッちゃんの笑顔
椎葉 キミ子 心友は
永山 絹枝 この道を ただひたすら

 第三章 立つ

武者小路 実篤 一個の人間
仲本 治 道
服部 剛 僕等の道
藤木 正明 生かし生かされ
西野 りーあ 夭逝伝説
越路 美代子 藍の糸を
杉野 紳江 苛められて交番に/父母会
三上 その子 通過儀礼/感情についてのノート
萩尾 滋 夢を そして夢に 
葉山 美玖 ガッコウと骸骨
八覚 正大 寄り添い
曽我 貢誠 いじめられている君へ/いじめを見ている君へ/いじめている君へ
吉岡 忍 セーラー服
出雲 筑三 三行詩「勇気をだして」
落合 恵子 崖っぷちに立つあなたへ
小中  陽太郎 自分のアタマで考え行動する人間に

 第四章 こころ

宮沢 賢治 雨ニモマケズ
河野 進 ただ/ぞうきん/使命/みじめ
金子 みすゞ 私と小鳥と鈴と/星とたんぽぽ
羽島 貝 晴れた日
木島 章 知っている
川辺 真 バラの花束
田村 勝久 なお君と手をつなぐ
あたるしましょうご中島省吾 隅さんと主演だった中央君について
恵矢 人の形/種子
嶋﨑 治子 こころ
佐藤 克哉 淫雨
青山 晴江 切手なしの…
比留間 美代子 なみだきらめく/夕映え
鈴木 明 ことばのちから
油谷 京子 クリスマス
青柳 晶子 鹿
野澤 俊之・野澤 一 アンニイちゃん
市川 恵子 ホットミルク
田中 作子 仲よくしたい/良寛さま
はなすみ まこと 座る/ときどき
美濃 吉昭 空也上人像
下川 敬明 口語自由詩/口笛
後藤 順子 願うところの幸せ/辛くならないでほしいのです
秋 亜綺羅 ひとは嘘をつけない
新延 拳 白い微熱

 第五章 いのち

新川 和江 名づけられた葉/先生に
吉野 弘 生命は
武子 和幸 峠
比留間 一成 いのち
鈴木 比佐雄 ヒマワリ/十五歳の成人式
伊良波 盛男 赤ちゃんの泣き声
渡 ひろこ 映して
神原 良 秋の光
芦田 みのり 冬支度
森 三紗 生命の輝くとき Ⅰ戴帽式に参列して
徳沢 愛子 君は旗のように
中原 かな かくれんぼ
渡辺 めぐみ 気道
田島 廣子 晴れる
植松 晃一 大豆の哲学
藪本 泰子 あなたの体は
百瀬 隆 命(いのち)
山本 周弐 いま/一度きりの人生/壁/完璧
山本 美智子 長い夜
水谷 修 人生/人/人は弱い/心と体/生きよう
鈴木 紘治 誰が殺した、コック・ロビンを?/母の棺を

 第六章 希望

菅原 克己 マクシム
島崎 藤村 初恋
佐相 憲一 がんばりやさんに捧げるうた~傷の応援歌~/球場にて
マエキ クリコ 無限/日食/ある水分子のひとりごと
坂木 昌子 笑顔売ります/私は薔薇
江口 節 スキージャンプ/かぞく
根本 昌幸 若い力
野村 俊 春の旅
見上 司 よき思い出は……/少年のころ……/ぼくはずるくて汚い……/残照の詩/消えない火/いうまでもないことだが……/心はあるか
和田 実恵子 希望の灯は 小さくていい
柳生 じゅん子 笑う力/ともだち/大人になる
末松 努 かける
村山 砂由美 私の願い/背景は金色の雲に彩られて
井上 摩耶 宇宙時間/幸せは育てるもの
関 中子 夜に/すみ子さん/誕生月の溝
浅見 洋子 一八歳の朝/涙の力/ぼくがみる夢
髙嶋 英夫 学校に希望の樹がある
安齋 亜谷 幸せな朝は必ず訪れる
駒瀬 銑吾 想像教育で生まれた中学生の詩 

 第七章 家族の中で

河井 醉茗 ゆづり葉
望月 逸子 あの子の夏休み
中村 花木 車窓から
前原 正治 野の花 間奏曲
飽浦 敏 おもろの産土
ささき ひろし 祝婚歌 ―むすめ・幸恵へ― 
日野 笙子 マザーリーフ/爪先立って
松本 高直 秋陽
坂井 一則 顔
荻野 優子 お姉ちゃん
堀 明子 弟/生きるよろこび
小田切 敬子 森のむこうからくるバス/にこっ
堀田 京子 娘よ/娘へ/だんべーかるた(ふるさと 群馬編)言の葉遊び/ジジババ かるた
梓 ゆい お帰りなさい。
こまつ かん このてのひら
大友 光司 ボクんちのママは牛飼い
俊之 父が遺していったもの
たに ともこ ひとすじの涙
尾木 直樹 私を導いた母の言葉

 第八章 自然の中で

高田 敏子 花のこころ/忘れもの
宮本 苑生 柿の木/空
菊田 守 いいよどり/満月
北畑 光男 遠い不明/足形
倉田 武彦 風/赤トンボ
若宮 明彦 風の名前―十七歳
岩井 昭 ははははは
佐々木 聡 北嶋節子小説「ほおずきの空」主人公  
 ほおずきを見に行く 231
山口 敦子 夕焼け/あめんぼにんじゃ/赤い靴/A・B・Cのうた
日高 のぼる くすりの森
秋田 高敏 蟻さんと
青木 善保 森の宝石
岡田 忠昭 さくら紅葉
峰崎 成規 江戸川
田中 眞由美 水や風や太陽がすき
佐藤 勝太 千年木を仰いで
たけうち ようこ わたしの家の庭(花と実のおはなし)
岸本 嘉名男 はるかなり人生
ひおき としこ 夏の大三角形
酒井 力 夕映え
西木 正明   真の冒険者は臆病な人である

 第九章 世界の中で

宗 左近 始原
崔 龍源 雲のなぎさ
勝嶋 啓太 大福と少年
秋田 芳子 川風
南 邦和 夢見る果実
鈴木 昌子 石ころになった長男
米田 かずみ 軍艦島
苗村 和正 地球儀
宮川 達二 青き星
坂田 トヨ子 世界遺産の街で/蛍
武西 良和 道をつくる
鈴木 悦子 里川のぼやき
きみ あきら 焦る
埋田 昇二 地球の無限なエネルギーを
 引き出そう
やまもと れいこ  猿人アウストラロピテクス/豆の木
古城 いつも フェデラル・ノード
志田 静枝 宇宙人
星乃 真呂夢 光の百合宇宙
日下 新介 空襲を知らない少年に
大原 雄 まあるい世界〜「吹き出し」が闖入〜
Captain 鳩爺 鳩爺のおせっかい
白根 厚子 ぼくら地球人
浅田 次郎 日本のつとめ

 第十章 未来

坂村 真民 二度とない人生だから
ヒロ 大地の詩
ホワイト☆ハル ピラミッド/カッコイイ
 と言われたい/巽の風/幸せを育てる
福士 文浩 わたしはひらく
黒木 アン 楽園になれ 楽園に
長田 邦子 パン屑を拾いながら
濱岡 稔 あした
竹内 オリエ 香しい日々
淺山 泰美 祝福
木村 孝夫 少年少女たちに
山野 なつみ 巣立つこどもたち
小野田 潮 坂の上の少女―HARUKAに―/つばめ
籠空 朋果 メッセージ
佐々木 淑子 永遠は君のそばに
白谷 玲花 旅立つ/きみは見たか
高沢 三歩 進路 ~十代のT君へ~
小山内 美江子 金八先生の言葉
明石 康 世界の平和への架け橋になれ

 解説 『少年少女に希望を届ける詩集』
  人間そのものを思うこと 佐相憲一
 
 解説 少年少女のしなやかな心が語り
  合える詩集になることを願って     
   『少年少女に希望を届ける詩集』に寄せて
             鈴木比佐雄 
 
 おわりに 曽我貢誠
 
 編註


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)101号  2020年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)101号  2020年3月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.