詩誌コールサック

前のページに戻る

詩誌コールサックへご寄稿ください

「COALSACK」(石炭袋)88号 2016年12月1日

「COALSACK」(石炭袋)88号 2016年12月1日

定価:1,080円(送料込)

COAL SACK(石炭袋)88号目次

詩人のギャラリー  林莽

          高建剛

扉詩 日向 暁   自由への夢想    

詩  秋野かよ子  深まる秋/歩く/夜勤の人々

   崔 龍源   韓国と日本のはざまで 

   熊倉省三   秋の海/弔い   

   橋爪さち子  ひそむ   

   淺山泰美   佗助

   中村惠子   もう、約束はなさらないのですか

   勝嶋啓太 四丁目の角で かいじゅう が死んでいた

   星野 博   僕らの公園/空   

   福山重博   僕と飼主の二〇一六年八月二二日/詰腹/牡蠣殻/正義/七面鳥の逃亡

            /廃屋/年賀状   

   松本高直   コンポジション・プロメテウス

   宮崎直樹   神輿のかつぎ方   

   日野笙子 ウルトラマンスノー/アメフラシの乱

   中村花木   喝采        

   若宮明彦   8TEEN 

   佐々木淑子  桔梗色の思考  

   みうらひろこ 手紙    

   二階堂晃子  部活動に/「天才」だらけ

   木村孝夫   切り離された帰還困難区域

   根本昌幸   仮面の男   

   酒井 力   炎の記憶

特集 中国詩人達の素顔に触れて―「アジア文化の郷土詩(田舎詩)研究会 中日詩人交流」特集

   鈴木比佐雄  中国・青島市の主催する「アジア文化の

    郷土詩(田舎詩)研究会 中日詩人交流」に参加して

   鈴木比佐雄  東アジアの新たな「郷土詩」(田舎詩)を創造することが可能か

   苗村吉昭   一枚の枇杷の葉 杉谷昭人の詩の力について  

   中村 純   八月の祈り  

   林 莽    遅れた約束/海辺の黒松林

          (共訳・孫 逢明/佐々木 久春)

   李 占剛   季節風に乗って/青島三日――青島中日韓郷土詩(田舎詩)研究会と

            莫言旧居を訪ねて(共訳・平松辰雄/鈴木比佐雄)

   鈴木比佐雄  青島に寄せる七篇     

韓国現代詩

   李 元姫   月と通信する/窓のない部屋

土曜詩の集まりでのお話(九月三日)

   日向 暁   小説『覚醒~見上げればオリオン座~』を刊行して   

詩  羽島 貝   真昼の灯台/素描LIV/その朝も、プラットホームで。/素描LV/素描LVI62

   籠空朋果   ICE DOLL/Free Cloud

   中道侶陽   掌/素白/靴/日常生活五里霧中66

   山口 修   繭/秋/秋よ/言葉よ

   船曳秀隆   感受師/根元から創ろう

   細島裕次   童子/神さまへの手紙/自撮り 

   末松 努   拝啓 普通様/同じ時間、違う時間 

   森 水晶   羽/羽音/火傷/骨

   久嶋信子   仮面

   美濃吉昭   ミラノ大聖堂/ローマの夏

   風 守    クロスロード

   竹森絵美   時非の花  

   関 中子   ―生まれ続けたものへ―  

   松棠らら   夢観音   

   竹内オリエ  愛しい絆  

   やまもとれいこ 月/猟師    

   小山 健   花壇/秘密/晩夏 

   志田昌教   黄昏の木のように/ロダンの恋人 「カミーユ・クローデル」に捧ぐ/

          旅への誘い/忘却の河

   渡辺健二   ロボット時代/富士山のキノコ

   山﨑夏代   歩く《1》/歩く《2》

エッセイ

   若宮明彦   ゲーテ街道小紀行(2)

          ワイマール(Weimar)

   矢城道子   「てふてふが一匹韃靼海峡を渡って

          いった」

   うおずみ千尋 盲目の日に 継続の向こうにある

          もの        

   淺山泰美   不死身の母     

   宮川達二   ノースランド・カフェの片隅で

    ―文学&紀行エッセイ連載 第十回 雨の坂 

    ―正岡子規、秋山真之、夏目漱石―

   熊倉省三   正岡子規と野球と   

   原詩夏至   似たもの同志    

   杣 游    鬼と地震に癲癇老人  

   田中作子   良寛さまのひとり遊び

   佐相憲一   水神さまのお通りじゃ/ふたりだけの出版記念朗読会

詩人論

   松尾静子   詩人上村肇の作品 (三) 慈愛

   永山絹枝   魂の教育者・詩人 近藤益雄を読む その六

            「地域の文化を高めるために貧困との闘い〟」

            ―児童生活研究所の創設―(田助尋常高等小時代)

小詩集

   高橋郁男   『風信』四

   貝塚津音魚  『顔』五篇

   堀江雄三郎  『すながき』六篇

   赤木三郎   『架構片』十一篇

   神月ROI  『組詩 秘められた神話』第七回

   古城いつも  『祖国』四篇

   井上摩耶   『アイデンティティ』四篇

報告

   佐相憲一  詩人の輪つどい、中身濃く盛会!!

詩集評

   佐藤克哉   全身全霊を捧げた詩集に向き合う

詩誌評

   羽島 貝  2016年夏に発行された詩誌から

現代詩時評

   酒井 力   現代詩の成立の可能性

俳句時評

   川村杳平   秀句の条件

短歌時評

   原詩夏至   二つの逆説、二つの叫び

小説時評

   佐相憲一   コミュニケーションの深淵


短歌 森 水晶   雨

   原詩夏至   粗大ゴミ

   座馬寛彦   昆虫針

俳句 石村石芯   雑草流句心(六)─落日の世の

   原詩夏至   踏切        

   鈴木光影   十二月       

小説 鈴木貴雄   前略、お前たちよ。生きろ  二

   森谷天平   詩的掌篇小説「ゴースト」

   北嶋節子   眠らない街     

詩  青柳晶子   立秋    

   洲 史    蔓ったぐり  

   原詩夏至   戦争と平和―「九条の会詩人の輪」

          のために― 

   宮川達二   北極星 小林多喜二に捧ぐ

   たけうちようこ ありがとう

   たにともこ  はづき/ふるさと  

   片桐 歩   八月のめまい/夏の一日

   北畑正人   ヘラクレス像/夜と霧/稲村劇場

   堀田京子   十六の君よ(井上 翼くん)  なぜ

   植松晃一   異常な日常二〇一六/コールサック〈石炭袋〉

   鳥巣郁美   流転の足音     

   田中作子   落花惜春      

   外村文象   六甲の夜景/八十二年の歳月

   安森ソノ子  「嚙む力も無い」と 

   坂本梧朗   終末        

   石村柳三   生きる        

   栗和 実   掟      

   速水 晃   生家     

   皆木信昭   老い その12

   野澤 一   蝿/瓜/草を見て思ひは切なりき

   結城 文   ふわっと秋風が

   杉本知政   贈物

   佐相憲一   光合成/虹 

書評

   音月あき子   アンソロジー詩集『少年少女に希望を届ける詩集』           

   日野笙子   アンソロジー詩集『少年少女に希望を届ける詩集』            

   八重洋一郎   アンソロジー詩集『非戦を貫く三〇〇人詩集』        

   速水 晃   アンソロジー詩集『非戦を貫く三〇〇人詩集』         

   末松 努    アンソロジー詩集『非戦を貫く三〇〇人詩集』        

   いわたにあきら 高橋静恵詩集『梅の切り株』

   中村花木   美濃吉昭詩集『或る一年〜詩の旅〜』            

   古城いつも    美濃吉昭詩集『或る一年〜詩の旅〜』       

   小田切敬子    末松努詩集『淡く青い、水のほとり』         

   武西良和   末松努詩集『淡く青い、水のほとり』          

   郡山 直    デイヴィッド・クリーガー英日対訳 新撰詩集『戦争と平和の岐路で』       

   植松晃一   デイヴィッド・クリーガー英日対訳 新撰詩集『戦争と平和の岐路で』          

   照井良平 尾崎寿一郎『ランボーをめぐる諸説』

   前田 勉   岡三沙子エッセイ集『寡黙な兄のハーモニカ』            

   成田豊人   岡三沙子エッセイ集『寡黙な兄のハーモニカ』          

   二階堂晃子    堀田京子エッセイ集『旅は心のかけ橋』        

   加部洋祐     堀田京子エッセイ集『旅は心のかけ橋』       

   森 水晶      原詩夏至歌集 『ワルキューレ』     

   岡村義弘     原詩夏至歌集 『ワルキューレ』     

   佐相憲一   北嶋節子小説集 『茜色の街角』       

   洲 史     北嶋節子小説集 『茜色の街角』        

   原詩夏至    日向暁小説『覚醒~見上げればオリオン座~』          

   佐相憲一   日向暁小説『覚醒~見上げればオリオン座~』          


 コールサック社 出版活動について  

 編集後記           佐相憲一

 編集後記           鈴木比佐雄

 『日本国憲法の理念を語り継ぐ詩集』公募趣意書

 「年間購読会員」と原稿募集のご案内

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.