コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

万里小路譲 評論集
『孤闘の詩人・石垣りんへの旅』
戦前・戦中・戦後と家族の生活を支え、孤闘の生涯を生きぬいた銀行員であり文筆家の石垣りん。「生活詩人、現代詩の最高峰」とも言われる詩人の言の葉は何を伝えるのか?

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
46判/288頁/上製本 ISBN978-4-86435-390-8 C1092
定価:2,160円(税込)

万里小路譲『孤闘の詩人・石垣りんへの旅』

発売:2019年4月25日



 目   次

※数字①~⑤は、「第1詩集」~「第5詩集」の略
序章 開幕
「初日が昇るとき」④ 「夜明けの風景」④
1 Nobodyの墓碑銘
「契」⑤ 「母に捧ぐ」 「島」②    
2 反戦詩人 ―戦争の時代
「原子童話」① 「挨拶 ―原爆の写真によせて」① 「繭」① 「百人のお腹の中には」①
「崖」② 「情況」③    
3 入院そして再起動 ―第1詩集『私の前にある鍋とお釜と燃える火と』
「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」① 「落花」①
4 低い屋根の家 ―獣の涙
「屋根」① 「家」① 「夫婦」① 「くらし」②   
5 鬼ババの笑い ―第2詩集『表札』
「シジミ」② 「童謡」② 「鬼の食事」② 「貧しい町」② 「ちいさい庭」② 
「表札」②
6 苦労の値打ち ―ブラックユーモアと逆説
「落語」② 「悲劇」① 「土地・家屋」② 「銭湯で」② 「家出のすすめ」② 
「女」③ 「公共」②        
7 寓意化される世界
「水槽」③ 「モン」③ 「旅情」② 「幻の花」② 「花」② 「夕鶴」③
8 履歴の重さ ―第3詩集『略歴』
「定年」③ 「木」③ 「旅」③ 「水」③   
9 逆説の詩人 ―第4詩集『やさしい言葉』
「喜び」④ 「おみやげ」④ 「ことば」④ 「洗剤のある風景」④    
10 寂寥 ―茨木のり子と石垣りん
茨木のり子の詩篇…(「寸志」) (「賑々しきなかの」) 「わたしが一番きれいだったとき」 
「知らないことが」 「見えない配達夫」 「六月」 「小さな娘が思ったこと」 「汲む―Y・Yに―」
「兄弟」 「居酒屋にて」 (「Question」)  「自分の感受性くらい」 「問い」 「倚りかからず」
終章 達観 ―第5詩集『レモンとねずみ』ほか
「波」⑤ 「おやすみなさい」 「南極」

   参考文献
   あとがき
   解説 鈴木比佐雄

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.