コールサックシリーズ

詩人のエッセイシリーズ

山口賀代子エッセイ集
『離湖(はなれこ)』

詩人の「さくら語り」を聴きにいこう
言霊に呼ばれた人のやさしい物語
住みなれた風景のなかにいて
私たちは不意の異邦人である
(帯文:小柳玲子 詩人)

栞解説文:鈴木比佐雄
四六判/200頁/ソフトカバー
定価:1,542円(税込)

解説文:鈴木比佐雄はこちら

山口賀代子エッセイ集『離湖(はなれこ)』

発売:2010年12月1日



【目次】

Ⅰ章 離湖

「離湖」という名の湖  
眠る女  
霧の風景  
京都のひと  
殉死者たちのエロス  
有栖川の桜  
桜狂い  
華やかでやがて哀しい  
吉野 西行庵への道  
レンズごしの光景(嵐山界隈)  
嵯峨野の人形工房と「アイトワ」森小夜子さんの人形に出会った日  
嵐山―わかれ橋  

季節めぐりて  
  (1)優美な白いハンター  
  (2)嵐山でラビリンス  
  (3)梅の香に誘われ  
  (4)昔はみんな少年・少女だった  

Ⅱ章 ほのぼの家

海辺のレストラン「ほのぼの家」  
木  
車いすの女  
孟夏に萩を枯らす  
セピア色の写真  
裏西の風景  
隣人たち  
紅茸幻想  
「伊右衛門」の功績  
十七歳―その不確かな時代  
つげ義春的幻想への決別  
ある晩餐  
ケモノ道 ヒト道  

Ⅲ章 作家の眼

作家の眼  
「ほんとうは好きなくせに」  
「周海章」という名の小説家  
光源氏の始末  
ふたりの女人(待賢門院璋子と後深草院二条)と西行  
魅力的な愛人  
愛しのレットバトラー様  
サティを聞きながら  
浅川マキの世界  
庄野潤三の「ピアノの音」を読む  
笑 顔  
推理マニアの妄想―件の紳士  
「泥」かもしれない  
「きれいな人」を読む  
谷川俊太郎の「朝のリレー」  
うしなわれた時間  

あとがき   
略 歴    
写真の四季  



前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.