コールサックシリーズ

岡村直子詩集
『帰宅願望』

母を迎えにいく/決まって車の中で母は言う/アア アリガタイ アリガタイ/モウ キテクレナイノカト オモッタヨ/ナオコ/渡されるノートにはいつも書かれている/―キタクガンボウガ ツヨイデス(詩「帰宅願望」より)

解説文:鈴木比佐雄
A5判/160頁/上製本
定価:2,160円(税込)

解説文:鈴木比佐雄はこちら

岡村直子詩集『帰宅願望』

発売:2011年6月8日



【目次】

Ⅰ章 六月の朝

六月の朝
六曲一双
山百合
ある夏の日

額 縁
逢 坂
あめのふたかみ
補陀落浄土
南の海に
鬼界ヶ島
七五三縄


Ⅱ章 帰宅願望

盂蘭盆
帰宅願望
包みの中
写 真
前 夜
喪 中
ススキ
泥風呂

ヒグラシ

Ⅲ章 道行き

道行き
雑 巾

縮 み
吸血鬼

おんなへん
ほどく
破れ袋


Ⅳ章 ヤドリギ


ヤドリギ

八 月
ユウレイソウ
小女子
ある彫刻家の行為から
包 丁

手 帳
ペットボトル


あとがき
略歴



詩篇

「帰宅願望」
   


一カ月に数日間
母と別々な日を過ごす
着替えで察するのだろう
アソコニハ イキタクナイ
毎回繰り返す僅かな抵抗も呑みこみ
毎回母はわたしの車に乗る

ロビーに立つと
奥から係りの者が迎えに来る
茶髪の若い青年
はじけそうな身体の娘
物分りのよさそうな年嵩な女
毎回違う顔に笑みさえ浮かべ
オネガイシマス と
母はにわかに素直な老女になる

母の手はわたしから
血のつながらない人の手に託される
縮こまった後姿が
ゆらめきながら
視界から消えていく
振り返ることもなく

約束の日がきて
母を迎えにいく
決まって車の中で母は言う
アア アリガタイ アリガタイ
モウ キテクレナイノカト オモッタヨ
ナオコ
渡されるノートにはいつも書かれている
―キタクガンボウガ ツヨイデス

梅雨明けやらぬある日
イキタクナイモットトオイトコロ に
母はもう
出かけたっきり




前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.