コールサックシリーズ

アンソロジー詩集
『命が危ない 311人詩集 
     ―いま共にふみだすために―』

危機に瀕したいのちが屹立する
ことばが屹立する
過去と現在と未来を 個と社会を
「わたし」と地球を結ぶ
思想と姿勢が屹立する
ここに あなた自身が確かにいる。

帯文:落合恵子 作家 クレヨンハウス主宰

編者:佐相憲一・中村純・宇宿一成・鈴木比佐雄・亜久津歩           解説文:佐相憲一、中村純、宇宿一成、若松丈太郎、鈴木比佐雄 
A5判/544頁/ソフトカバー
定価:2,160円(税込)

『命が危ない 311人詩集』解説

アンソロジー詩集『命が危ない 311人詩集―いま共にふみだすために―』

発売:2011年7月28日



【詩篇紹介】

それじゃ 旅先で会った子どもたちへ  木島 始

キャンドル吹きけそうとするたびに
あさっての口笛がきこえるなら
また会おう

やっと泣きやんでほっとするきみに
鳥が目くばせしかえすなら
また会おう

焼きたてのパン屑がいつのまにか
蝶々のかたちに散らばるとき
また会おう

紙のユートピアを食べすぎて
山羊がむせてしかたがないとき
また会おう


【目次】
序詩   高良留美子 産む  20

第一章 こども

空色まゆ 種蒔き  24
田中裕子 光のくに  25
山本聖子 ループ  26
小森香子 春浅い風のなかで/自分のことばで  27
中村純 愛し続ける者たちへ  28
斗沢テルオ ごめんねごめんね  29
島田陽子 坊やはよい子だ  30
谷崎眞澄 カナリアは何処か  32
武西良和 悩む子ども①/悩む子ども②  34
山﨑清子 もうすぐ春です  36
桐木平十詩子 春の少年  37
吉川伸幸 家出  38
ともこ 彼女のことば  39
井上優 咲いている/地球の匂い  40
淺山泰美 桜に祈る  41
芳賀章内 赤の胎動/青の胎動  42
中原澄子 イーハトヴへ  44
亜久津歩 ゆずり葉/きみへ/チチとハハ  46
河野洋子 愛しいもの  48
大釜正明 あかるい ひざしのなかに  49
田尻文子 授かるものに  50
市川紀久子 子どもが消えてゆく  51
新川和江 給食の時間に  52
瀬野とし ゴムまり―世界の子どもたちの写真展で 53
若宮明彦 小さな掌に  54
清水マサ 生命  55
木塚康成 会えなかった子供  56
佐相憲一 あした生きていたら  57

第二章 仕事、 世の中

植田文隆 青いビニールシート  60
大森ちさと 見たことがありますか/散って行く   61
中村花木 眠れるナース  62
平井達也 吸い殻  63
浅井薫 骨のはなし  64
杉本一男 水の行方  65
高橋英男 呑川  66
山岸哲夫 ミレニアムのぼろ船  67
酒井一吉 八文半/はためく  68
小松弘愛 L釘  70
木田肇 怖い夢  72
こまつかん 旋律  74
原圭治 漂流 続けて  76
宮崎清 チャップリンがいない  77
岡たすく 犠牲者  78
椎葉キミ子 知る  79
渡辺めぐみ 誓願  80
船曳秀隆 人間になれば/風樹に触れると  82
片桐歩 罰/労働/死  84
西岡光秋 手錠  85

第三章 動物、草花と共に

関根裕治 春れんさ  88
佐相憲一 ゴマフアザラシさん こんにちは  90
南邦和 ムツゴロウ悲歌  91
中山公平 身辺  92
名古きよえ 風にゆれて  93
菊田守 小さなカニのようなクモが
      /いのちの輝き  94
藤谷恵一郎 朝が来ると/モンシロチョウ
       /時の海  96
豊岡史朗 老犬  98
田中秀人 あかね雲  99
秋村宏 生きものたち 四篇  100
佐藤文夫 牛のいのち  101
出山葉枝 魚の向こうの景色  102
萩尾滋 ノアへの時―新植民地主義戦争  103
田中作子 共存/野良猫の食事  104
日高のぼる ブンは風のなかへ  106
長瀬一夫 新しい枯葉  108
岡山晴彦 花よ/ことばよ  109
山本みち子 夕映え  110
宇宿一成 夕暮れの喜劇  111

第四章 自死ということ

亜久津歩 命綱 1  114
山下静男 丹波の黒豆  115
吉田博子 かわいかった妹よ  116
小林由実 ボール/手紙  118
上田由美子 残陽  120
うめだけんさく 夜の散歩道  121
美澄 こたえ  122
植田文隆 なんでだろう  123
川奈静 少年の自死  124
中園直樹 ピンクシャツデー  125

第五章 病気も老いも生きぬいて

青木はるみ レッドゾーン  128
宇宿一成 脱皮した少女の  129
加藤礁 白い十字架  130
片岡文雄 余命  131
小山和郎 天の水 ―O・Kへ―  132
日高滋 『ペーパーマン』再生  133
園田實則 大変な世の中/老々介護十三年  134
三島久美子 ハザードマップ・二〇一一年  135
北村愛子 八十四歳頑張って生きてるの 
     /にこにこしなきゃあ あかんなあ  136
金田久璋 ツチノコを引く  138
弓田弓子 電話あり  140
川原よしひさ 白く青いトンネル  141
入谷寿一 ことばをください  142
福士一男 病人哀歌  143
武藤ゆかり ご心配には及びません  144
司由衣 わたしは終わらない  145
秋田高敏 薔薇の花  146
徳沢愛子 今 わかる  147
外村文象 余命  148
佐藤勝太 命あっての人生  149
中野鈴子 友よ 友だちよ  150

第六章 農村、山里にて

北原千代 招待状  152
和田文雄 こめ俵 いもづくり  153
後藤順 まんま  154
橘田活子 おっちゃん  155
和田攻 畑にて思い候  156
越路美代子 特殊のかなた  157
大塚史朗 予兆  158
磐城葦彦 朽ちていくものに  159
皆木信昭 むらが危ない  160

第七章 レクイエム

坂本法子 夜中 電話がかかりました  162
中山直子 雪を食む鳩 母の姿  163
岡三沙子 対岸の父と  164
安達甫朗 嫗  165
三浦幹夫 そのひとはむかし  166
川島完 詩人の死 ―小山和郎に  167
福本明美 喪失感―柳原省三を悼む―  168
山佐木進 数字  169
おぎぜんた 母は何を  170
片山ふく子 晩夏の蟬  171
なたとしこ バンザイ  172
淺山泰美 玉手箱  173
星乃真呂夢 雪の扉 ―母へ まだ見ぬいのちへ  174

第八章 戦争と平和

吉田義昭 海の時間  178
岡田優子 冬の林檎  179
岡崎純 左手  180
高田太郎 永日  181
井上庚 愛ちゃんのお兄さん  182
大倉元 父やんの一心  183
榊原敬子 辿り着くまで  184
井本正彦 オリオンが墜ちた夜  185
浅田杏子 モノクローム・ヒロシマ  186
日下新介 はるかなる風紋  187
石塚昌男 いのちの記憶
    ―ある満州開拓団の最期―  188
ぼうずみ愛 風/北の旅  190
金野清人 命の重さ/カンツカ  192
鳴海英吉 早春・砂浜で  194
たけうちようこ 遠い日の夾竹桃  196
門田照子 鴻毛よりも軽く  197
西森茂 被災地に桜が咲いた  198
斎藤紘二 千羽鶴  199
松本賀久子 一九四五年  200
島秀生 あの日のドラゴン  202
貝塚津音魚 核の報復  204
猪野睦 基地ルート下  205
梅津弘子 横浜ノース・ドック  206
村田辰夫 命を守れ 
   ―湾岸戦争時の英国の少年兵に仮託して  207
山田よう ミョウバン先生  208

第九章 歴史と自由

山田かん 遠い丘  210
小熊秀雄 馬の胴体の中で考えていたい  212
今野大力 胸に手を当てて  213
栗原克丸 寒燈をかかげる―家永三郎氏に  214
茂山忠茂 亡霊  215
草倉哲夫 君が代  216
やまもとれいこ 旗ふりおじさん  217
森田和美 波間のゆりかご  218
西山正一郎 エクシェフェブラリー
 バングラディシュ母国語記念日 二月二一日  219
高炯烈(李美子 訳) ああ 悲しい、崇礼門
           /崇礼門外  220

第十章 考える、感じる

斎藤彰吾 序曲  224
池下和彦
 今夏はふうせんかずらやゴーヤのすだれで節電 225
薩川益明 みどりごの馬車  226
柴田康弘 沼底  227
鳥巣郁美 影を踏む  228
柳生じゅん子 朝の科学  229
大西久代 ひとりの川をふりかえる  230
和比古 魂を探して  231
おしだとしこ その貌に その手に  232
岡田惠美子 余剰のいのち  233
青柳晶子 時代  234
横田英子 哀しみの歌  235
山本倫子 危ういひかりの中で  236
築山多門 毛深い思想  237
坂本梧朗 因果  238
山本泰生 うすくち時代  239
はなすみまこと 座る/夜道  240
働淳 肉体の劇場  242
河井洋 名は茉莉花  244
岸本嘉名男 おののき  246
瀧川順一 宇宙に捧ぐ  247
江口節 この星の、その日  248
中原かな 閃光  249
市川つた 地球が危ない  250

第十一章 東日本大震災・津波など
 Ⅰ 東日本大震災の状況

わたなべえいこ 遺体安置所/火葬場にて  254
清岳こう 『マグニチュード9・0』より  256
照井良平 ウミネコが鳴いている  258
佐々木洋一
 ガレキ―東日本大震災後の南三陸町にて―  259
斎藤久夫 東日本の高台で  260
福田操恵 海を見つめる少女  261
根津光代 薬をとりに  262
岩田英作 わたしは終わったのに  264
福田明 声  265
村永美和子 とどけたかった声  266
志田昌教 震災の鐘  267
ささきひろし 
 名づけられた童たちへ ―魂しずめの詩  268
岩崎和子 砂上の城  270
下前幸一 あなたが思うこと  271
香野広一 多数の命が津波にうばわれた  272
三浦千賀子 このままボクは  273
平原比呂子 その日から―大阪府下・吹田市で― 274
木村淳子 主よ、あなたはなぜ……?  275
佐藤惠子 三日月の夜  276
東梅洋子 うねり 4/うねり 5  277
下村和子 瑠璃浄海  278
藤貫陽一 律すること  279
朝倉宏哉 風の電話ボックス  280
山本龍生 津波てんでんこ  281
黒羽英二 天変地異に怒り悲しむヒトの歌  282
秋山泰則 逃げてください  283
森田海径子 震える  284
尾堂香代子 祈り  285
酒木裕次郎 東日本大震災(東北関東太平洋沖巨大地震)
   /生老病死  286
北村愛子 夫の腕時計/大川小学校  288
カトリン・ゼグリッツ(荻野静男 訳) 三つの詩   290

 Ⅱ 東日本大震災をこえて

原田勇男 海の壁がしぶきをあげて    
  /いのちを救う声―遠藤未希さんの霊に  294
御庄博実 黒い津波 ―東日本大震災・1―  
  /屋根に上がった船 ―東日本大震災・2― 296
崔龍源 二〇一一年三・一一狂詩曲/無言歌  298
山口修治 あと 何をすれば  300
長津功三良 神と悪魔が手をむすんだのか  301
田澤ちよこ 四月のよろこび  302
中津攸子 光  303
深谷孝夫 日常から非日常へ  304
水月りら 凪の営みに  305
ヴァレリー・アファナシエフ(尾内達也 訳)
  日本に捧ぐ  306
村田譲 3月21日のてがみ  307
片桐歩 災厄のあと  308
星清彦 帰るということ  310
井上嘉明 海のたくらみ  311
日高のぼる 鳥の影  312
浅見洋子 空襲孤児から震災孤児へ  314
松本一哉
 Sacrifice and Selection  (犠牲と選択)  316

 Ⅲ 過去の災害

稲木信夫 父は  322
栗原克丸 「痛恨の碑」  324
新井豊吉 いまからでも  325
大崎二郎 記録(台風五号)  326
井崎外枝子 海溝へ、地の底へ
 二〇〇七年三月二十五日、能登半島地震によせて  328
畑中暁来雄 悪魔の爪 ―阪神淡路大震災素描― 330
安永圭子 壜の中  331
山本十四尾 地震雲  332
忍城春宣 暴れ川  333

第十二章 原発
 Ⅰ 原発と文明

浜田知章 ノルマンディの林檎  338
柴田三吉 掌の林檎  340
大泉その枝 幻の力  341
中村純 ヒバクシャ  342
矢口以文 大津波に呑まれた故郷
      ―二〇一一年三月一一日―  344
田中眞由美 蚯蚓  345
宮本小鳩 私が揺れている間に  346
吉田和古 ゆびきり  347
小野恵美子 ピリオド  348
堀内利美 月の声  349
白河左江子 コーティング  350
吉村伊紅美 蛍飛ぶ  351
山本涼子 パンドラの箱  352
青木みつお 飯舘  353
奥主榮 箱舟が消えた時  354
栗原澪子 問い  355
熊井三郎 神話崩壊  356
伊藤眞理子 神話  357
星野由美子 埋み火  358
尾内達也 夜の太陽  359
鈴木悦子 難破船/ダイジョウブ/希み  360
楊原泰子 四番目の大罪  362
田中詮三 光よ未分化の根毛を殴るな  364
木島章 小さな包み  365
山岡和範 原発  366

 Ⅱ 全国の原発

山本衞 ヒトは?―ゲンパツはゲンバク―  370
埋田昇二 浜岡が危ない  374
岡村直子 ユウレイソウ  376
館路子 沖を望む(柏崎刈羽)海辺の異物  377
田村のり子 冥界の貴方亭氏よ  378
立石百代子 再開の町(サイレンが鳴り響くとき)  379
柳谷守人 タミ婆ちゃん  380
玉造修 海底へ  381
ごしまたま 22時の家 Ⅷ(8)
     /22時の家 Ⅸ(9)  382
伊藤眞司 誰が
  ―東日本大震災・二〇一一年三月十一日―  384
正田吉男 2011・03・11 木の芽どき  385
河野洋子 大震災に思う  386
鷹取美保子 不死の番人が言うことには  387

 Ⅲ 福島原発

若松丈太郎
 連詩 かなしみの土地  6 神隠しされた街  390
鈴木比佐雄 シュラウドからの手紙  
       /千年後のあなたへ  392
牧葉りひろ ジェイヴィレッジ近く  394
うおずみ千尋 ふるさと福島  395
結城文 3・11  396
黒木なみ江 退去命令(元気を出して!)  307
黛元男 農夫の死  398
大久保せつ子 福島の子だから  399
いわたとしこ 福島はいま  400
郡山直 原発は安全か  401
酒井力 水のいのち 放射能汚染を憂える詩  402
吉田博子 目に見えぬもの  403
大井康暢 震災余話  404
真田かずこ メルトダウン  405
望月昭一 安全の呪文  406
小村忍 牙をむく原発  407
田島廣子 東日本大震災と原発事故  408
原島里枝 震災死者のなき埼玉にて  409
山越敏生 僕は新聞を読む  410
大原勝人 巨竜の泪  411
みもとけいこ カルボナード火山の青い光  412
森三紗 遭遇―東日本大震災  414
鈴木文子 大震災被災者一覧  416
山本清水 黒い牙  418
ダニエル・ツァーノ(荻野静男 訳) 福島  420
谷崎眞澄 スクラップ・ブック  422
塚本月江 いなむらの火  424
浅尾忠男 3・11のバラード  426
くにさだきみ 丸裸で 佇つ
        /もうもう とないて  428
三井庄二 黒澤明監督への手紙
      ―赤ん坊を殺されてたまるか  430
若松丈太郎 既視体験  432

第十三章 願いと祈り

壺井繁治 球根 Ⅰ  436
一瀉千里 その一歩のために  437
井野口慧子 野薔薇  438
青柳俊哉 永遠  439
荒木せい子 坑道/氷柱  440
山内みゆき 仏  442
須藤あきこ わたしの中のあなたへ  443
中林経城 玄胎  444
香山雅代 在ることへの祈り  445
宮静枝 雪ぞ降る/寒菊(子に)/啄木望郷の詩
      /天のぶらんこ  446
高橋小夜子 おまえをどこへ忘れたのだ
       /いのり―小夜子曼陀羅―  448
高橋一仁 ばあちゃの むしパン
      /あした てんきになーれ
      /ジャングルジムのゆうえんち
      /げんじさま  450
笠原健 病の闇から/原点/積み木/風
   /軽やかに/透明な/ともに/あなたに  452
スポンジこゆたん 僕たちの足元にあるもの  454
高畑耕治 さようならこんにちは  455
石村柳三 死に急ぐことなかれ―命音への讃歌  456
有馬敲 いのちへの祈り  457
宗左近 夜の虹/始原  458

結びの詩
木島始 それじゃ 旅先で会った子どもたちへ  462

解説・あとがき

解説
1 命の声の詩集です   佐相憲一    466
2 予言する者たち 目覚めている者たち
             中村純     482
3 生きる希望      宇宿一成    489
4 フクシマからの思い  若松丈太郎   494
5 残された人びとを勇気づける本当の言葉をめざして
             鈴木比佐雄   497
あとがき
  いま、あなたと、ふみだすために 亜久津歩 504

執筆者一覧  508

編註  542


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.