コールサックシリーズ

『山田かん全詩集』

刻まれたおびただしい死。彼の父、母、妹琇子。
詩「死んだ少女」の少女は私の同級生。
不意の出逢いに私は息をのむ。
そして詩「脅え」―ぼくの唯一人の子がやっと九ヵ月―
言葉はやわらぎ詩は命を得て輝きはじめる。
誰よりも生を愛したかんさんの、生涯の詩である。
林 京子(作家)

解説文:高塚かず子、田中俊廣、鈴木比佐雄
A5判/624頁/上製本
定価:5,400円(税込)

『山田かん全詩集』解説

山田かん全詩集

発売:2011年8月9日



【目次】

Ⅰ 第一詩集 いのちの火 (一九五四年)
道 程  
 序 詩  22
 琇子へ上げた詩  22
 廉い服地  24
 人 参  25
 呟 き  26
 言葉の後  26
 女ノ人タチ  27
病院の庭  
 看 護  28
 鋼鉄のボンベ  29
 呼 吸  30
 轟 音  31
 無國籍  32
 フラスコの宝石  32
 ランプ  33
 峠  34
曠 野  
 道化たドラマと  35
 現 実  35
 黒のオーバー  36
 赭皮の靴  37
 幻 惑  38
時 代  
 戦 争  39
 原 爆  39
 混 乱  39
 道 程  40
 死  40
 砂糖壺  41
 貨幣価値  41
 ナルシスの花  42
 帰 郷  43
 デコレイションケイク  44
氷結する花  
 ここに二つの祝い菓子  45
 祈 り  45
 琇子が居らぬ  46
 古代より  46
 罪 悪  47
 妹の夜につながる 無音階の夜  48
 華 燭  50
 訣 別  51
外人墓地 Ⅰ  
 死の終末  52
 二月の詩  53
 新田原  54
 心象風景  54

Ⅱ 第二詩集 記憶の固執 (一九六九年)
無 題  60
武 器  60
浦上へ  61
ロスアラモス  61
望 楼  63
みたびの死  63
洞穴と庭と風  64
この貌のプロメテ  65
モータープール附近  66
地点通過  67
夏の路  68
狂暴な玩具  69
輸送現象  71
訊 く  72
湖底都市  73
夜の原爆公園にて  74
広島の黒  74
川に行く  76
炎のなかから  77
突然変異の話  80
夜の激しい気象のなかで  82
破壊と恢復  86
灰が飛ぶ街で  87
朱い実青い貌  88
碧に白い構築に  89
鴉  90
レヂステンスなし  92
石  94
傾斜地  95
埋 没  96
標 Ⅰ  97
切支丹史  98
立ったまま眠る  100
ウデウデ時計  100
樹 Ⅰ  102
樹 Ⅱ  102
ナチスの夢 Ⅲ  103
標 Ⅱ  104
島  104
日常 Ⅲ  105
銃の遊戯について  106
高い天  108
凧の遊戯について  109
長い道を……  109

Ⅲ 第三詩集 ナガサキ・腐蝕する暦日の底で
                  (一九七一年)
作品Ⅱ
哄笑する河  114
噴射する指  114
海へ行く部屋  115
断 章  116
落ちる現象  116
鉄 塊  117
蝶  118
ビルびる  119
耳  121
蝟 集  122
記 録  123
算 術  124
朝鮮が見える  126
堂崎鼻にて  127
とおくへ消えた  129
夢・冷蔵庫  130
半 島  130
眺めている  132
断片連続的 Ⅰ  133
断片連続的 Ⅱ  134
長イ日ノ底カラ声ガ……  135
闇から発し闇はめぐる  137
視 る  140
腐蝕する暦日の底で  141
都市論  143
時の構図  144
ふたたび還ることなき  145

Ⅳ 第四詩集 アスファルトに仔猫の耳(一九七五年)
Ⅰ 伝説から未来へ(一九五二―一九五五)  
自由について  148
電 車  148
外人墓地 Ⅱ  149
火熨斗の歌  149
檻のなかの囚われの石  150
夜について  151
雨に濡れる陶器  152
埋 葬  153
伝説から未来へ  154
秋  156
永く見つめたのち  157
夜から朝へ  158
記 録  159
帰航 Ⅰ  160
海を見にいく Ⅰ  160
Ⅱ 鯨と馬(一九五六―一九六五)  
硝子のなかの赤い目  161
大乾湖  163
飛ぶ髪  165
賭ける  166
はやく昏れる町  168
ボギイ車遊戯  169
黒い詰襟  170
砂漠の船  172
哄笑する河 Ⅱ  174
鯨と馬  175
断絶する事件が  176
飛ぶ赤い章魚  177
黒い河または愛  178
ちっぽけな夢の囁き  180
長い道の果にエビを見た  181
ぼくの壁  183
眼球の中の情景  185
心臓のある風景  186
室  187
アパート莫迦  189
豚 図  189
未 開  191
遠い丘  192
虎と風船  194
顔をとび去る構図について  194
世界をのがれ  195
脅 え  196
造 る  197
棄  198
謀 議  200
ナチスの夢 Ⅱ  201
福江開田町にて  202
鴉  203
十月の詩  204
十二月  205
稲佐・オロシヤ墓  206
Ⅲ アスファルトに仔猫の耳(一九六六―一九七四) 
日常 Ⅱ  208
日常 Ⅳ  209
ポスト附近  210
柩  211
海を見にいく Ⅱ  212
乾燥する  213
目・なめくじ  214
島へ Ⅱ  215
ああ・世は  215
投石二篇  216
駱駝と馬  217
しほから  218
明 日  219
帰 路  220
倒壊または独りの唄  221
女・鳥の首  222
無 題  223
糸 瓜  223
反作品的実存  224
碑 屋  226
聖 夜  227
日日のなかの一章  227
断片連続的 Ⅲ  228
北松浦郡  229
新しい生へ  230
五島・奥浦にて  231
野菜売りの声  232
夢・厠棟  233
過客・埋没のうえを  234
墓地にて  236
ホットケーキの月  237
井 戸  239
十五歳  240
美しい日本と私  241
消えた  242
彷徨・ケロイド  244
金ととの赤い貌  244
死んだ鴉  246
長崎・諏訪荘にて  247
おなくなり  248
自失する風景  249
牛の目  250
沈むプラタナス  251
秋草ふたつ  252
昼間の風景  252
闇瞑の涯にして  253
内部の魚  254
造成譚 菜根譚  255
汚れた土地  257
涯 へ  258
陸橋風景  259
あの街の底の六行詩  260
河口に壊れていく  261
むしおい人考  263
夏・隠された街へ  264
消えた台地の無言歌  267
出島の日はとおく  268
 ぶ跳ぶ  269
哀しい目について  271
犬継へ行く  271
状況の底は抜けぬままに  272
ピーマンを買う  274
小峰町交叉点にて  274
暗冥の彼岸にて  276
佐世保港を出る  278
北松・小値賀島へ  279
アスファルトに仔猫の耳  280
鳥 よ  281

Ⅴ 第五詩集 予感される闇 (一九八一年)
作品Ⅱ
非 核  284
カンボジアの飯盒  284
富川渓行  285
詩人Kへの悼歌  286
旧筑後町通り  287
A氏の持つ鉄の匣  288
カナン幻想  290
塔について  292
瓦  293
北松・生月島にて  294
山峡の駅をすぎ  295
十月・蔵王の水 Ⅰ  295
十月・蔵王の水 Ⅱ  297
応答して………  297
白馬の天皇  298
結氷する塔  301
路上の鳥  302
船が浮いている  302
工夫たち  303
言葉の天皇  304
白血の鴉  307
否定の同志  307
道の尾・長崎七分間  309
濁っていく  310
高架広場にて  311
第三の男または雨のなか  312
つづく夢  313
夢・冷凍庫  314
海に沈む石  315
海を見にいく  316
豚三頭  317
水膜の底に  318
彫塑論  319
空洞の迷路のように  322
プラットホームにて  324
一日または海と魚のある風景 Ⅰ  325
一日または海と魚のある風景 Ⅱ  328
一日または海と魚のある風景 Ⅲ  330
梅田地下にて  333
どこも街  334
島への旅に  335
夢・冷蔵庫 Ⅱ  336
あなごめし または  337
全 滅  338
買う・占める  340
関ヶ原の雪  341
糸島郡  342
死んだ少女  344
くるまのぼんぼり  345
無為なる日の………  346
非革命十二章  346
デッド・ウォーター  348
少 年  349
自動記述的連鎖十三章  350
コラージュ  352
八 月  353
水 郷  354
塩浜町にて  355
食の幻想  356
K・遠い語りよ  356
一日または海と魚のある風景Ⅳ  359
噂  360
出かけていく  361
瞬間の光景  362
一日または海と魚のある風景 Ⅴ  363
雅風子の魚  365

Ⅵ 第六詩集 長與ながよ (二〇〇一年)
明けそむる日に  368
文政の村  368
わが町  369
長与の海辺  370
矢別にて  370
堰のある風景  371
反文明のうた  371
閑雅に昏れた  372
長与に暮らす  373
道  373
去年 今年  374
長与の冬  374
両手の皮膚よ  375
母郷よ  375
郷愁記  376
長与よ  376
晴れた日に  377
長与皿山  377
中尾城公園にて  378
いずこの川へ  379
遥かな山  379
皆前人道橋  380
長与を想うとき  380
昔になった  381
はるかに過ぎた日  381
どんぐり  382

Ⅶ 第七詩集 長崎碇泊所にて (二〇〇二年)
『草土』期篇  
湖南省人  386
走る女  387
上滝望観  388
空の高みを昇りつめる思念のうちに  388
青 年  390
思いこみ  391
河口にて  391
服 喪  392
郷  393
行方不明者に  393
夏・断章 Ⅱ  394
なぜかゲバラが……  395
スケッチ・ブック 八篇  
 S市アーケード商店街  396
 海底に石積む  397
 鎮守の森にて  397
 魚およぐ鮮魚店  398
 有明海の昼  398
 窓外の鳥  398
 この小都市は  399
 旧師閑寂  399
肉の大きさ  400
写された魚  400
未来幻想  401
他人の関係  402
大鴉 Ⅲ  403
車 内  404
『列島』  405
食 卓  408
夜の祠  409
帝国主義  409
イザベラ  411
軽 量  411
スケッチ・ブック 九篇  
 湧 水  412
 かんざらし  412
 耳洗亭あと  413
 牛  413
 神 社  414
 願掛絵馬  414
 狛犬のまえで  415
 S市アーケード商店街 再び  415
 小 港  416
アーミイマップ  416
外務課事務簿について  417
宮崎へ  418
仔 犬  419
夜  419
叫 び  420
桃  420
バックミラー  422
またも還らずああ遂にまた  422
歴史的必然ということ  424
夢・冷凍冷蔵庫  426
歩道橋  427
知られぬ死  428
時が……  430
大 地  430
移住人哀歌  431
市場にて  432
桜の花冷え  433
両 親  433
与謝郡  434
琴尾岳にて  435
飴の詩  436
校正作業  437
白樺派  438
晩 年  438
とくに今年は・夏のおわりに  439
『河』期篇  
さらば墓も  440
散るように  441
コロプチカ  442
それぞれの……  443
八月の夜  444
見よ、このパウロ  444
或る日のことについて  445
雨もよひ  446
菖蒲忌  447
覚えている  448
ついの煙  449
夏・五十年  450
裁定請求書  451
ひばり  452
四月二日気温四度  452
ある日に  453
水 猫  454
丘についての望郷  455
毛 蟲  455
ことば遊び  456
医院から帰る  457
夏のことがら  458
童 女  459
夏の手  459
変な境遇  460
佇つ男  461
蟬  462
独りごと  463
『カサブランカ』期篇  
園児運動会素描  463
古館蹟  465
空  465
友だち  466
ドーバーのアジ  467
おんどり  467
花の名前  468
風 景  469
山の鞍部へ  470
がらす  471
薔薇と心臓  471
節 分  472
苦い水  473
病 室  474
海も空も遠くて  475
夜の戦車  475
『詩誌・雑誌』篇  
眼下の海  476
ブロークン・アローの歌  476
夏の日射しよ  477
海を見ている  478
クーデターキッス  479
漱石が  479
漱石が…… Ⅱ  481
魔王の夢  483
大洪水  483
歯または歌  484
十字架  485
夏・断章  486
帰り来よ と―  487
大 鴉  488
大鴉 Ⅱ  489
自転車置場の池  490
蜜 柑  491
朝の声  491
私の昭和語彙集  493
恋人よ  494
非連続する夢四章  495
その日  496
法事のある村へ  499
いのちの火  501
私詩二篇  
 下水路  502
 アラカブ  503
蝶からはじめる  503
同窓会  504
パジャマをたたむ  506
パールハウスの叔母  507
庭 師  508
数ある日のなかの  508
新大工町界隈  509
破籠井・熊野神社  510
連詩の試み 
 南 瓜  511
 狂 女  511
 森 下  512
 浦 上  512
 琇 子  512
 道 筋  512
 蟻 道  513
 夏 骨  513
 忘 失  513
残りの夏  514
名 札  514
蕗の薹その今  515
擦れ違う  516
「ポネット」  517
テロリスト  518
紀元書房  519
向かいの家  519
写真一葉  520
『小篇拾遺』篇  
夏の刹那に  521
地の果  521
九月の詩  522
イカと花車  523
おうどん  524
上 空  524
コップ一杯の  525
季の話題  525
レモンの木  526
六月のうた  526
友 よ  527
暦が還る  528
ハツコさん  529
醒める  530
読書録抄  530
異口同音  531
野 辺  531
転形期 Ⅱ  532
片づける  532
秋模様  533
書かない  533
ヒメダカ  534

Ⅷ 未収録詩
【一九五〇年代】
あの夜月が出たならば  536
今宵名月だ  536
再びごあいさつに  536
巡査になった友へ  537
祭のくる日  537
歯と皮膚と  538
十二月二十二日  538
今日の落漠  539
判決と散髪  539
―片隅の目―  540
死んだ男の背景  541
洋行と街を吹く風  542
盗まれた火  543
死の死の死の……  544
白い稲  545
窓  546
夢  546
暑い日の哀慟  547
追 憶  548
硝子のなかの赤い目  549
赤い噴霧の部屋  550
ほんとか?  555
夜の飛行機  556
部分と全体  557
夢の危機  558
ある寓話  559
夜を生きる  561
与太者悲歌  562
海へ通じている部屋   562

【一九六〇年代】
火の接吻  564
ぜいたくについて  564
珊瑚礁  564
薬 莢  564
童話Ⅲ  565
【一九七〇年代】
闇瞑の涯にして  566
終着へ  566
NAVAL PORT SASEBO  567
【一九八〇年代】
深い土色の声  569
紫陽花の雫のしたで眼をあけて三毛の仔猫が硬くなって いる  569
スケッチ・ブック九篇 
「反時代」  569
【一九九〇年代】
原風景       571
不 在       571
【二〇〇〇年代】
瀬戸夕暮駅  573
言葉とカラスミ  573

Ⅸ 解説

瀬戸夕暮駅まで  高塚 かず子  576
〈まっとうな虚無〉の淵から・山田かん論
  田中 俊廣  579
父と妹の「いのちの火」を長崎から世界へ発信した人
   『山田かん全詩集』に寄せて  鈴木比佐雄  586

Ⅹ 山田かん 年譜  596

編 註  622


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.