コールサックシリーズ

田村のり子詩集
『時間の矢―夢百八夜』

見上げていると六歳くらいの子が話しかけてきた 「お母さんは僕が十三のとき七つで死んじゃった」 「えっ? 君はまだ十三になってない それに七歳の母だなんて(帯文より)

栞解説文:鈴木比佐雄
A5判/192頁/上製本
定価:2,160円(税込)

解説文はこちら

田村のり子詩集『時間の矢―夢百八夜』

発売:2011年9月9日



【目次】

目次

一章 時間の矢 

時間の矢
ぴょこ、ぴょこと
いくらみぎめ

時あかり
似たようなもの
御所車
ローソクが欲しい
夜明けの庭で
厩 で
鳥浄土・雪浄土
絶壁の家
白 骨
ご臨終です
曼陀羅図
どこへ

二章 猫の尻尾

猫の尻尾
犬と勲章
俵の中から
土堤のワニ
へソクリと子牛
ネコっ児
双頭のヘビ
撫で肩のヘビ
ヘビのなる木
虫 籠
コオロギ
透明なオリ
猫の町
碁盤通りのネコ
馬の行進
ネコノキ
謝肉祭
驢馬のダンス

三章 紺屋の店先 

紺屋の店先
湖底列車
魚の頭踏んで行け
手裏剣
易者小さん
とんだ傘
滑 走
発光体
宍道湖の眺めは
合わせ鏡
占い師の家
鳥 兜
訪問理由
餅まき
千本松原
雪の渚
魚市場

四章 人台  

人 台
ぐにゃぐにゃ
階段あるいは階級
顔 施
死刑挨拶状
喜 捨
クマオトコ
文学研究会
歯科医院にて
女装の男
弁 慶
「あたま山」
薄暮の路地

良い人たち
禁 句
名簿欄
行 列
放火犯
校正人
推 敲

五章 人形

コロコロ
両刃の包丁
生物の本
ゴシックの薔薇
生 誕
人形の恋
人 形
首なしの
穴かがり
ノンブル
妙な呪文
物 魂
小さなボタン
ダン氏の本
裏技本
おまけ
料 理
壁掛け

六章 風葬 

風 葬
わだつみの軍団
あだし野
落ちていく
金の糸
吹雪の中のゴンドラ
レース雲
雪の台地で

七章 不思議の絨毯の上

ラッキョウ畑
渡られい
バオバブの影が
苗 師
危機一髪
桜の丘
極 楽
新 内
不思議の絨毯の上
螺 髪

あとがき
略 歴


詩篇

「時間の矢」

 幌のあるトラックにギュウ詰めに立っている子供たち どこへ向けての出発か 見上げていると六歳くらいの子が話しかけてきた 「お母さんは僕が十三のとき七つで死んじゃった」 「えっ? 君はまだ十三になってない それに七歳の母だなんて聞いたことない」 でもそうなんだ……と子供は悲しげに言い張る 
 きっと真実なんだろう この世は矛盾に満ちていて 何ひとつ合理的ではない それにヒトの子の時間の矢にも方違えというものはある とだんだん信じられてくる うん 

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)98号 2019年6月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.