コールサックシリーズ

池山吉彬詩集
『惑 星』

首都郊外の小さな町の小さな事件/観光道路わきの駐車場で/若い男女七人の遺体が見つかった/封印されたワゴン車のなか 封印された七つのたましい/足元には まだ余熱を保っている四つの練炭/ちなみに二〇一〇年のわが国の自殺者は/三万千五百六十人/一九九八年以来つづけて三万人をこえている(「惑星」より)

解説文:鈴木比佐雄
A5判/136頁/ソフトカバー
定価:2,160円(税込)

解説文はこちら

池山吉彬詩集『惑 星』

発売:2011年12月8日



【目次】

目次

Ⅰ 八月のブランコ
   一九四五年八月の、二つの都市の記憶のために

刻 印
八月のブランコ
会食の海 
祭りのあと 
膝 

Ⅱ チャップリンの帽子

遠く忘れられた部屋 
吉 野 
鳥打帽 
気 配 
チャップリンの帽子 
雑貨商 
三人談義 
手を縫うひと 
竹 林
鍋のむこう側 
遡 る 

Ⅲ 惑 星

回廊のある街   フィレンツェ
召 命 
最後の王 
日乾しレンガの唄   アフガン風景 
壁 
テーブル・クロス 
漓 江 
小春日和 
惑 星   数字によるコラージュ 

Ⅳ 明日の風景

船の名前 
スクラップ 
蝋 涙 
鳥 
夢 
明日の風景 

あとがき 


詩篇

「惑 星   数字によるコラージュ」


首都郊外の小さな町の小さな事件
観光道路わきの駐車場で
若い男女七人の遺体が見つかった
封印されたワゴン車のなか 封印された七つのたましい
足元には まだ余熱を保っている四つの練炭
ちなみに二〇一〇年のわが国の自殺者は
三万千五百六十人
一九九八年以来つづけて三万人をこえている

BBCが二〇〇四年十二月に実施した世論調査によると
アウシュビッツという名前を
一度も聞いたことがないと答えた人は
全体の四五%にのぼる
ちなみに 同年の
ニューヨーク・タイムズの世論調査による
人類誕生に関するアメリカ人の見解は
神が創造したとする者五五%
神が関与したとする者二七%
進化によるとする者十三%
わからないとする者五%

いま世界は 二〇%の豊かな人びとが
八〇%の自然資源を消費している

スマトラ沖大地震と津波による犠牲者は
最終的に二十二万人に達したと見られているが
NASAの発表では この地震によって
地球の自転速度が増し 一日の長さが
百万分の二 ・六八秒ほど短くなった
地軸も二 ・五センチほど東に移動した という
ちなみに この地震発生から三週間たっても
地球がふるえていることを立証したのは
日本の国立天文台みずさわ観測所
〇 ・三ミリの幅で伸び縮みを続けていた という

四つの練炭で七人が死に
地軸が移動した

ふるえる地球

地球にも
恐怖の感情があるのだ


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.