コールサックシリーズ

3.11関連書籍

芳賀稔幸詩集
『広野原まで―もう止まらなくなった原発―』

「無いように見えても/見えないから/あるに違いないのだ」 ある日、私たちは抱えきれない悲しみと怒りとを抱え込んでしまった。 芳賀稔幸詩集『広野原まで』は3・11核災の紙碑となることでしょう。 (帯文:若松丈太郎・詩人)



目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
栞解説:鈴木比佐雄
A5判/136頁/上製本 ISBN978-4-86435-081-5 C1092 ¥2000E
定価:2,160円(税込)
詳細はこちら
芳賀稔幸詩集『広野原まで―もう止まらなくなった原発―』

発売:2012年10月29日

アンソロジー詩集
『脱原発・自然エネルギー218人詩集』(日本語・英語 合体版)

「アウシュヴィッツ以後、詩を書くことは野蛮である」とアドルノは言いました。

ぼくはこう言い替えたい、
「フクシマのあとに声を発しないことは野蛮である」と。

帯文:坂本龍一
  2011年10月22日 オックスフォード、ハートフォードカレッジ チャペル でのスピーチより 



目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

【無料の会員登録をしていただければ更に中身をご覧いただけます】
コールサック社の電子ブック立ち読みサイトはこちら


編者:鈴木比佐雄・若松丈太郎、矢口以文、鈴木文子、御庄博実、佐相憲一   翻訳:郡山直、矢口以文、木村淳子、結城文、                     島田桂子、棚瀬江里哉、沢辺祐子
A5判/624頁/ソフトカバー ISBN978-4-86435-076-1 C1092 ¥3000E
定価:3,240円(税込)
詳細はこちら
アンソロジー詩集『脱原発・自然エネルギー218人詩集』

発売:2012年7月19日

アンソロジー詩集
『命が危ない 311人詩集 
     ―いま共にふみだすために―』

危機に瀕したいのちが屹立する
ことばが屹立する
過去と現在と未来を 個と社会を
「わたし」と地球を結ぶ
思想と姿勢が屹立する
ここに あなた自身が確かにいる。

帯文:落合恵子 作家 クレヨンハウス主宰

編者:佐相憲一・中村純・宇宿一成・鈴木比佐雄・亜久津歩           解説文:佐相憲一、中村純、宇宿一成、若松丈太郎、鈴木比佐雄 
A5判/544頁/ソフトカバー
定価:2,160円(税込)
詳細はこちら
アンソロジー詩集『命が危ない 311人詩集―いま共にふみだすために―』

発売:2011年7月28日

若松丈太郎著
『福島原発難民 南相馬市・一詩人の警告
1971年~2011年』

人間は原子力を制御できない。
疑う者はチェルノブイリ、スリーマイル、福島を見よ!若松丈太郎さんはその福島に住み、原子力の不毛に警鐘を鳴らす。まさにまつろわぬ民といえよう。
(帯文:新藤謙・批評家)

解説文:鈴木比佐雄
四六判/160頁/ソフトカバー
定価:1,542円(税込)
詳細はこちら
若松丈太郎著『福島原発難民 南相馬市・一詩人の警告 1971年~2011年』

発売:2011年5月10日

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.