コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

若松丈太郎 詩集
『夷俘の叛逆』
若松氏の詩集『夷俘の叛逆』はそのような日本の正史に隠されている真実を曝け出し、その先住民たちを「夷」や「鬼」としてきた歴史認識の在り方に疑問符を投げ掛ける恐るべき叙事詩集だと私には感じられる。(鈴木比佐雄 栞解説文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
A5判/160頁/並製本 ISBN978-4-86435-473-8 C1092
定価:1,620円(税込)
詳細はこちら
若松丈太郎 詩集『夷俘の叛逆』

発売:2021年3月4日

鈴木比佐雄 詩集
『千年後のあなたへ ―福島・広島・長崎・沖縄・アジアの水辺から』
この詩集の中で最も古いものは一九九五年の詩「桃源郷と核兵器」だが、南太平洋でフランスが核実験したことに対して感じたことが記されている。そのあたりから私は原爆と原発について自らの最も重要なテーマとして考え始めた。その二十五年の歩みがこの詩集で一つの形になったようにも感じている。ただⅣ章には海を通して東北やアジアとの水辺のつながりを感じたこともあり、七篇ほど沖縄本島・石垣島に関する詩を収録した。(あとがきより)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
A5判/176頁/並製本 ISBN978-4-86435-477-6 C1092
定価:1,620円(税込)
詳細はこちら
鈴木比佐雄 詩集『千年後のあなたへ ―福島・広島・長崎・沖縄・アジアの水辺から』

発売:2021年2月26日

斉藤六郎 詩集
『母なる故郷 双葉 ―震災から10年の伝言』
本詩集は孫のことみちゃんに語り掛けるように綴られており、故郷・双葉町で経験した大災害の真実を伝えている類例のない叙事詩集だ。けれどもその詩的精神は双葉町にあった東京電力福島第一原子力発電所の「安全神話」を疑うことなく、自然災害や原発事故を想定していなかった自分自身に対して、自己を断罪する内省と故郷を喪失した深い悲しみの思いが貫かれていて、豊かな抒情性も併せ持っている。(鈴木比佐雄 解説文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:鈴木比佐雄
A5判/152頁/並製本 ISBN978-4-86435-474-5 C1092
定価:1,620円(税込)
詳細はこちら
斉藤六郎詩集『母なる故郷 双葉 ―震災から10年の伝言』

発売:2021年2月24日

高橋公子 歌集
『萌黄の風』
天性ともいうべきおおらかな心と、ふるさと、家族、友、庭の樹々などなど、身めぐりへの愛が、賜物と呼べる縁や思いを引き寄せる不可思議。それらを豊かに享受し、作歌によって人生に刻印する高橋さん。コロナ禍に疲弊しがちな心にぬくもりと力を与えてくれる一集。喜びは生むものなのかもしれない。(春日いづみ 帯文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
46判/182頁/上製本 ISBN978-4-86435-453-0 C1092
定価:2,200円(税込)
詳細はこちら
高橋公子 歌集『萌黄の風』

発売:2021年1月27日

望月孝一 歌集
『風祭』
山河や町を旅し日本人の原風景を再発見する。戦後社会の深層、人間の生き死にを凝視し、「小さきもの」「復らざるもの」に耳を傾ける。「用と無用を別けたがる世」に問う第二歌集。(鈴木比佐雄 帯文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
46判/224頁/上製本 ISBN978-4-86435-468-4 C1092
定価:2,200円(税込)
詳細はこちら
望月孝一 歌集『風祭』

発売:2021年1月14日

今井正和 歌論集
『猛獣を宿す歌人達』
今井正和氏は、民衆の悲しみなどの情念を宿した「猛獣」のような宿命を感じて寄り添うのが批評の役割だと考えて、『猛獣を宿す歌人達』と名付けたのかも知れない。そんな様々な歌人達に隠されているが確かに存在している「悲しい猛獣」の姿を今井氏の評論の中から発見して、心の中に映し出して欲しいと願っている。(鈴木比佐雄 解説文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:鈴木比佐雄
46判/280頁/上製本 ISBN978-4-86435-469-1 C0095
定価:2,200円(税込)
詳細はこちら
今井正和 歌論集『猛獣を宿す歌人達』

発売:2020年12月25日

照井翠 句集
文庫新装版『龍宮』
照井翠の、東北受難の句には強く惹かれるのだ。この中のいくつかを多分ぼくは暗記してしまうだろう。(作家 池澤夏樹)/照井翠は一匹の龍なのだ(作家 玄侑宗久)―帯文より

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】


★自筆サイン本
『泥天使』、文庫新装版『龍宮』を同時セットでご購入で、ご希望の方には著者自筆サイン本(『泥天使』一句揮毫、『龍宮』は名前のみ)をお渡しできます。ご希望の方は、お問い合わせ欄に「サイン本希望」とご記載ください。(数量限定、無くなり次第終了します)
池澤夏樹/玄侑宗久
文庫判/264頁/並製本 ISBN978-4-86435-463-9 C1092
定価:1,100円(税込)
詳細はこちら
照井翠 句集文庫新装版『龍宮』,俳句,震災,釜石,岩手,3.11,地震,津波

発売:2021年1月11日

照井翠 句集
『泥天使』
句集『龍宮』、エッセイ集『釜石の風』、そして本句集『泥天使』。ささやかではありますが、私の「震災三部作」がこれで完成いたします。(帯文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】


★照井翠の震災三部作

★自筆サイン本
『泥天使』、文庫新装版『龍宮』を同時セットでご購入で、ご希望の方には著者自筆サイン本(『泥天使』一句揮毫、『龍宮』は名前のみ)をお渡しできます。ご希望の方は、お問い合わせ欄に「サイン本希望」とご記載ください。(数量限定、無くなり次第終了します)
四六判/232頁/上製本 ISBN978-4-86435-462-2 C1092
定価:1,980円(税込)
詳細はこちら
照井翠 句集『泥天使』,俳句,震災,釜石,岩手,3.11,地震,津波

発売:2021年1月11日

谷光順晏 歌集
『あぢさゐは海』
本集は九十六歳の母の死の際が詠まれ、人の手を借りず振り絞る気力の歌群は感動的である。遺された日記や手紙等から母の寂しさ・無念さを汲み取る著者はさらに人間性を深めた感が沁みる。空や海や草木の自然への親しみはまぎれもなく豊饒な世界が伝わる。(影山美智子)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
四六判/176頁/上製本 ISBN978-4-86435-461-5 C1092
定価:2,200円(税込)
詳細はこちら
谷光順晏 歌集『あぢさゐは海』

発売:2020年12月2日

村上昭夫著作集 下
未発表詩95篇・『動物哀歌』初版本・英訳詩37篇
村上昭夫『動物哀歌』には後半の詩篇が割愛されていた!半世紀の眠りから覚めた新発見の95篇を収録。詩「サナトリウム」には宮沢賢治達との魂の対話が記される。(帯文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:鈴木比佐雄/大村孝子/冨長覚梁/渡辺めぐみ/スコット・ワトソン(水崎野里子訳)/北畑光男 
文庫判/320頁/並製本 ISBN978-4-86435-466-0 C1092
定価:1,100円(税込)
詳細はこちら
村上昭夫著作集 下 未発表詩95篇・『動物哀歌』初版本・英訳詩37篇

発売:2020年12月2日

坂本麦彦 詩集
『漏れどき』
坂本氏は身近な場所から異次元の入り口を見いだして、想像力で古風な言葉に新たな息吹を吹き込んでいく。そんな様々な存在が重層的に動き始め、五感と霊感を駆使した力動的な言葉遣いと、それを積み重ねて三十篇にしてしまう文体の魅力が坂本氏の特徴だろう。(鈴木比佐雄 解説文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:鈴木比佐雄
A5判/128頁/並製本 ISBN978-4-86435-465-3 C1092
定価:1,650円(税込)
詳細はこちら
坂本麦彦 詩集『漏れどき』

発売:2020年12月2日

小林功 詩集
『月山の風』
小林功氏は、スケッチ帳のほかに小さな筆記帳をもショルダーバッグに潜ませており、それには詩のフレーズを書き込むのだという。机上の想像でも空論でもなく、現場において詩が生まれ出ている。思えば、小林功氏の詩篇は自然の折々の相を詠い上げて美しい。(万里小路譲 解説文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:万里小路譲
A5判/192頁/上製本 ISBN978-4-86435-467-7 C1092
定価:2,200円(税込)
詳細はこちら
黒田杏子第一句集『木の椅子』増補新装版,俳句

発売:2020年12月2日

黒田杏子第一句集
『木の椅子』増補新装版
『木の椅子』の中から、私はいくつも短篇小説になる核をもらった。たとえば、 かもめ食堂空色の扉の冬籠 こんな句を見ると、私のイメージは無限に広がっていく。(瀬戸内寂聴)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:長谷川櫂/筑紫磐井/齋藤愼爾
46判/224頁/上製本 ISBN978-4-86435-458-5 C1092
定価:2,200円(税込)
詳細はこちら
黒田杏子第一句集『木の椅子』増補新装版,俳句

発売:2020年12月2日

末原正彦 朗読ドラマ集
『宮澤賢治 中原中也 金子みすゞ』
「宮澤賢治」も「中原中也」も「金子みすゞ」も、この朗読ドラマを読むことで、その一生がどんなものであったのか、どんな生き方をしたのか、そして、どんな環境で日本を代表する各々の詩がうまれたのか、理解してもらいたいと思うのです。(はじめに より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:鈴木比佐雄
A5判/248頁/上製本 ISBN978-4-86435-459-2 C0093
定価:2,200円(税込)
詳細はこちら
末原正彦朗読ドラマ集『宮澤賢治 中原中也 金子みすゞ』,詩

発売:2020年11月13日

近藤八重子 詩集
『仁淀ブルーに生かされて』
近藤八重子氏の仁淀川のほとりで真実を伝えようとする姿勢は、この地域で真摯に生きようとする多くの人びとを勇気づけるだろう。そのような故郷の水辺を愛しその生態系や地域を守ろうと生きている人びとに読んで欲しいと願っている。(鈴木比佐雄・解説文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:鈴木比佐雄
A5判/240頁/上製本 ISBN978-4-86435-464-6 C1092
定価:2,200円(税込)
詳細はこちら
近藤八重子 詩集『仁淀ブルーに生かされて』,仁淀川,高知,詩

発売:2020年11月13日

古城いつも 歌集
『クライム ステアズ フォー グッド ダー』
古城氏の短歌の言葉は、この現代社会を生き抜く子守歌のようにも思える。また現在の暮らしや仕事の現場で生きる心の真実や願いが描かれていて、その中でも「一ミリグラムの理想」や「市民の品格」を抱き、「樹下のきざはし」から透視される「神のはからい」が読者に予感されてくるだろう。(鈴木比佐雄・解説文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:鈴木比佐雄
A5変形判/192頁/並製本 ISBN978-4-86435-457-8 C1092
定価:1,650円(税込)
詳細はこちら
古城いつも 歌集『クライム ステアズ フォー グッド ダー』,短歌

発売:2020年11月10日

青山晴江 詩集
『夏仕舞い』
青山晴江さんとは、いろんな集会でよくお会いする。鹿児島の川内原発。福井若狭湾の高浜原発。あるいは沖縄・辺野古の海岸。さりげなく、控え目に、隅の方に立っていて、柔らかな眼差しで凝視めている。ひとびととともに悲しむ悲しみが、一冊にまとめられた。(ルポライター 鎌田慧)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
46判/160頁/並製本 ISBN978-4-86435-460-8 C1092
定価:1,650円(税込)
詳細はこちら
青山晴江 詩集『夏仕舞い』,詩

発売:2020年11月10日

原詩夏至 評論集
『鉄火場の批評 ―現代定型詩の創作現場から』
原詩夏至の評論を読んでいると歌会・句会が作家たちの「鉄火場の批評」となって、その情熱の火花が胸に飛び込んでくる。(帯文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
46判/352頁/並製本 ISBN978-4-86435-456-1 C1095
定価:1,980円(税込)
詳細はこちら
原詩夏至 評論集『鉄火場の批評―現代定型詩の創作現場から』,詩,短歌,俳句,評論集

発売:2020年11月10日

八重洋一郎 詩集
『血債の言葉は何度でも甦る』
詩人の本質的な言葉とは「社会を変える」言葉になりうるのであり、そんな他者の精神や事物の生成にまで影響を与える言葉を発し、新たな世界を「建設する」志の高さを八重氏の言葉に感じる。ヘルダーリンを通してハイデッガーが思索したことを、八重氏は自らの詩を通して自らの詩論でもって読者に深く語りかけてくれる、根源的なことを問い実践している詩人・詩論家であるだろう。(鈴木比佐雄・解説文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:鈴木比佐雄
A5判/120頁/並製本 ISBN978-4-86435-455-4 C1092
定価:1,650円(税込)
詳細はこちら
八重洋一郎詩集『血債の言葉は何度でも甦る』 現代詩,沖縄

発売:2020年10月5日

五十嵐幸雄
『備忘録集Ⅴ 日々新たに』
本書は、自分だけの時間が生れて、その自由な時間をいかに創造的に生きていくかという未知の体験を書き留めている。それを実行していく五十嵐氏の生き方は、余生や隠居という言葉では収まり切れない。例えば江戸時代に家督を息子に譲って、日本全図を志し実行した伊能忠敬のような生き方に近いと考えられる。(鈴木比佐雄・栞解説文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
栞解説:鈴木比佐雄
46判/128頁/上製本 ISBN978-4-86435-449-3 C1095
定価:2,200円(税込)
詳細はこちら
五十嵐幸雄『備忘録集Ⅴ 日々新たに』,エッセイ

発売:2020年10月1日

出版のご案内

コールサック最新号

「コールサック」(石炭袋)105号 2021年3月1日

「コールサック」(石炭袋)105号 2021年3月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • 沖縄関連書籍
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.