コールサックシリーズ

『市川つた詩選集一五八篇』

お前の心を掬って私の心に通わす/河童よ何時までも牛久の街に住み続けて/世の中みんなが幸せであるように/見守っていて欲しい//菖蒲が葉を繁らせメダカが沢山泳いでいる/河童の村は春ですか 鰻に鯉に鯰など/跳ねて泳いで元気一杯ですか/春は一段と河童踊りで賑やかでしょう (詩「牛久沼」より)

解説文:工藤富貴子、大塚欽一、鈴木比佐雄
四六判/176頁/上製本 ISBN978-4-86435-075-4 C1092 ¥1500E
定価:1,620円(税込)

解説文はこちら

市川つた詩選集一五八篇

発売:2012年8月30日



【目次】

第一詩集『赤い花一輪咲きますよう』(一九八六年刊)より

白い墓標  
みつばち  
自殺者の墓  
暮 景  
寂 光  
瞳について  
部 屋  
手の群れ  
旅立ち 
春の街  
石 柱  
赤い風船  
逆 光 
二 月  
遠い瞳をして  
秋によせて 
輝く絵である為に 
赤い実  
虹の宇宙船  
会 話  
八 月  
言葉よ腐葉土になれ  
古里探しの旅人  
大もの釣り  

第二詩集『白い心象画』(一九九一年刊)より

白い心象画 
白  
尻切れとんぼのうた  
丸い背を見せて 
黙する言葉 
セピアの田 
深呼吸をする 
刻の門 
一月の樹  
角ぐむ 
細 胞  
魔術師のように 
再誕生  
青葉切符  
七月のめまい  
かかわり  
変 色 

第三詩集『小さい花束』(一九九六年刊)より

すすきの穂は 
切り倒されたみかんの木  
ひゅうとんどう  
おばあちゃんの死  
私はこうなりたい  
祝福の孫を待つ  
初孫誕生  
台所探検家   一才 
分身(女の戦い)  
父権模様  
従 う  
日本語慕情  
故郷の祭りの頃  
待 春  
樹になって  
私の六十年(やがて陶芸家)  

第四詩集『刻をつなげて』(一九九九年刊)より

生活の楕円形に於いて 
誕 生  
魚 語  
習作(デッサン)  
草の街  
さあ 召し上がれ  
丸いということの(或る工芸展にて)  
涯 
刻をつなげて 
花 冠  
線香花火  
発芽の刻  

第五詩集『一本の樹木』(二〇〇三年刊)より

一本の樹木 
みえない樹  
森と海 
森への道 
詩の森  
言葉の森  
えぞ松は  
擬 態  
充足期 

第六詩集『回游』(二〇〇四年刊)より

手 二題  
  1 無限への挑戦  
  2 永遠への求愛  
アンテナになれみもざ  
古里を移植する  
メダカ 
みのり  
言葉の構築  
抽象と心象  
樹林散策  
顔 
歳 月  
回 游  
悲 哀  
テ ロ 
マグニチュード  
小幸福論  

第七詩集『風を抱く』(二〇〇四年刊)より

六十代は楕円球 
白  
内なる住人  
笑いの効用  
実りのころ  
湿原に咲く  
言葉は虫 言葉は花  
ある日のふたり  
美しく老いる友 
私だけの宗教  
死 〈詩〉  
母  
まるい  
青空みたいな会話がしたい  
水のこころ  
七十歳の所見  

第八詩集『白い闇』(二〇一一年刊)より

ワイン  
つぶらなもの  
蝶のように  
漁 る  
牛久沼  
草  
草取りをしたくなる 
重い荷物  
赤と黒  
秘そむ  
白い闇  
死を飼いならす  
永訣の時
デスマスク  
とんぼ  

第九詩集『つれづれ想』(二〇一二年刊)より

種 苗  
眠れぬ  
鬼哭六十年  
一枚の絵  
綯い交ぜ 
白い宴  
喜寿の抵抗  
ここまで来た  
八十一歳の呟き  
万歩計  
裂き織り  
旅(九寨溝・光竜)  
汲 む  
待ちもうけ  
鈍感力とは  
終焉考 
いのちを泣く 
風 景  
老夫婦夜話 
地球が危ない  
絶滅と創造  

未収録・少年少女詩篇

ポスト  
ボク「りょう」  
カマキリと拓磨とおばあちゃん  
蜜蜂とりょうちゃん  
お手紙  
花びらころころ  
風さんとあそぼ  
もう一人の私  
木と話す 
ボク達 人間なんだ 
おおいぬのふぐり  
言の葉料理  
でもね先生  

エッセイ

彼 岸  
諦念的悟り  
遊 び  
幻の泉を  

解 説
詩に魅入られた人       工藤 富貴子 
〈ものおもふ〉魂の詩的遍歴  大塚 欽一   
牛久沼の岸辺で白の想像力を書き記す人
               鈴木 比佐雄 

略 歴  


詩篇

「白い闇」


文章を書いていると闇に閉ざされる
白紙の中から立ちのぼって
頭内を白い闇に占領され
麻痺を起こして子供っぽく赤い舌を出す

本を読んでいると
透明な闇に取り囲まれる
筋道に立ちはだかって
向こうの景色を靄の中に隠してしまう

忘れっぽくなったり
思い出せなくなったり
白い闇はまだ前方にいるから
懸命になればなる程思い知らされる

名前も顔も覚えたつもりが
いつか消え何処かに紛れ出てこない
物忘れも 春霞か夜霧か
心地よくたなびいているのがいい

たなびく もやう つつむ かくす わすれる
何と優しい言葉だろう
年齢を重ねて味わう言葉だから
かろやかに指先に結び付けている

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.