コールサックシリーズ

秋野かよ子詩集
『梟が鳴く―紀伊の八楽章』

秋野かよ子さんは、生きものたちの底知れぬ生態に眼を凝らし耳を澄まし、その豊かな色彩や音色から詩の言葉を取り出してくる詩人だ。 (帯文:鈴木比佐雄 解説文より)



目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
栞解説:鈴木比佐雄
四六判/144頁/ソフトカバー ISBN978-4-86435-096-9 C1092 ¥2000E
定価:2,160円(税込)

秋野かよ子詩集『梟が鳴く―紀伊の八楽章』

発売:2013年2月5日



【目次】

序詩 はな

一章 早春の囁き

早春の囁き

春のみぞれ

沈丁花の香り

早春の雨

春の風

早春の苦味

花風

春のスケッチ―水色・青・緑・赤

二章 さくらの夢

さくらの夢

夕凪の花

どこまでも

地に帰る

白木蓮

樫の木

春の声

春の蜘蛛

花が光る

春の終わり 

大地のバルトーク

三章 若葉の頃

若葉の頃

鳥が植えた大木

青サギ

野良豆

新芽

青虫

踏まれても

五月の色

四章 梅雨の梟

梅雨の梟

雷が響く   

湿度

潮騒

泰山木の花

みらいの顔

初夏のかおり

初夏の匂い

五章 盛 夏

黒影

夏の声

夏の日 四篇 

   波

   川

   スイカ

   素麺

カンナの花

かぶとむし

夜盗蛾

風吹く夏 

盛夏

夏の終わりに 

六章 秋を呼ぶ天

秋を呼ぶ天

ゆらぐ秋

耐えている九月

やさしい十月

秋の雨

コスモス

黄色い実 

キンの葉っぱ

梟が鳴く

七章 冬のお日さま

冬のお日さま

冬のうら山

町の音

風邪の熱

ほほ笑み

八章 真冬の木々たち

雪のことば

白いもの

炊きたてのご飯

真冬の木々たち

山のもの 

冬の野菜

白い煎餅 

春のならわし

あとがき

略 歴


詩篇

「梟が鳴く」


夜更けに

梟が鳴く

秋の終りを告げにきた

山の西の いつもの場所で


ほほー ほほー と鳴く


夜を見守るように

夜に思索をするように

闇の深さを 計っている

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)100号 2019年12月1日

「COALSACK」(石炭袋)100号 2019年12月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.