コールサックシリーズ

高橋郁男
『渚と修羅』
高橋郁男さんは「天声人語」を書いた名コラムニスト。
東北の浜辺の町や大川小学校の被災を目の当たりにし、宮沢賢治の「本当の幸福」や「デクノボー精神」から、原発事故を引き起こした現代文明の「慢」を問い質す。



目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

【その他にも立ち読み可能な書籍がございます】
コールサック社の電子ブック立ち読みサイトはこちら
解説:鈴木比佐雄
四六判/224頁/ソフトカバー ISBN978-4-86435-103-4 C1095 ¥1500E
定価:1,620円(税込)

高橋郁男『渚と修羅』

発売:2013年3月25日



【目次】

Ⅰ その時 

Ⅱ 被災地へ 

  仙台・荒浜海岸 
  石巻・大川小学校 
  福島・原発の方へ 

Ⅲ 原発の来た道

  電気の世紀と賢治の青春 
  戦争と原爆と「神の領域」 

Ⅳ 原発破綻への道

  さまざまな死角と「四次元災害」 
  「開発」という誘惑 
  死角への挑戦 
  高木仁三郎と賢治 

Ⅴ 脱原発への道

  原発には「地元」という限定は無い

Ⅵ 津波と堤防

  三陸・田老の長堤から 
  賢治と三陸海岸 

Ⅶ 賢治という「翼」

  「雨ニモマケズ」に乗って 
  賢治と朔太郎 

Ⅷ 賢治と東京、東北

  東京への憧れ、驚き、違和 
  「東日本大震災」か「東北日本大震災」か 
  「東京大震災」への視点 

Ⅸ 賢治の「伝言」

  花巻の方へ 
  時を共にするということ 

Ⅹ 「時の渚」へ

  犠牲と英雄と「銀河鉄道の夜」 
  新しい波を生みだす渚 

Ⅺ 年が明けて

Ⅻ 3・11ふたたび

XⅢ 再稼働と賢治の「慢」

「後書き」に代えて   高橋 郁男 
引用、参考図書などについて

解説  賢治の「翼」を「未来に向けて書き記す」人  鈴木 比佐雄  


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)98号 2019年6月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.