コールサックシリーズ

高炯烈(コヒョンヨル)詩集 韓成禮/訳
『長詩 リトルボーイ』
1945年8月6日、広島になぜリトルボーイが投下されたか。高炯烈氏は日韓被爆者たちの歴史を辿り、死者の魂を無限に慰霊し、その悲劇を語り継ぐ。原爆詩に新たな可能性を切り拓いた長編叙事詩。

帯文より
A5判/220頁/ソフトカバー
定価:2,160円(税込)

解説文はこちら

littleboy

発売:2006年8月6日




【目次】


日本語版序文/高炯烈
訳者の言葉/韓成禮

序詩 エスキモーの詩
序章
第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
終焉
エピローグ
草の葉
韓国語版あとがき/高炯烈
年譜
日本語版解説
『長詩 リトルボーイ』を読んで/浜田知章
胸を打つ詩人の啓示/石川逸子
ある韓国人被爆者の遺言を継いでゆきたい/御庄博実
発行者編註/鈴木比佐雄



【詩篇紹介】


草の葉
遠く海に草の葉一枚が流れている。
あの草の葉の上に私たちを皆載せることができるか。
善良なすべての命ある目は眺める。
どうして私たちはこの海におぼれてしまったのか。
葉脈が一つも壊れていない草の葉一枚だけ
あの水平線近くに切なく流れている。
あなたは私たちに近付こうとされないのか。
険しい黒い雲が海を越えて吹いて来る。




前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「コールサック」(石炭袋)109号 2022年3月1日

「コールサック」(石炭袋)109号 2022年3月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • 沖縄関連書籍
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 鈴木光影 俳句と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.