コールサックシリーズ

うおずみ千尋詩集
『牡丹雪幻想』

うおずみ千尋は緑内障から失明に至った。
以来、心耳・心眼・心性をもって、言語を紡いできた。
その世界は澄々とし清々とし端正である。
心根からのおもいは、やさしく、
ぬくもりのある声となって私たちを魅了している。

山本十四尾(帯文より)

栞解説文:鈴木比佐雄
B5変形判/98頁/フランス装
定価:2,160円(税込)

解説文はこちら

botan

発売:2007年4月25日



【目次 

第一章 牡丹雪幻想


牡丹雪幻想 8/覚醒 12/泳ぐ 16/小橋 18/波頭 20/春雪 22
飛ぶ 24/蛍 28/湖底 32/百日紅 36/囲炉裏 40/積雪の夢 44



第二章 シーラ カムイ


シーラ カムイ 48/啓示の雨 52/大銀杏 56/風衣 60/はなびら 64
風の中 66/ジャム・トースト 68/鳥 72/贈り物 74/朝 76/寒水仙 78/二月の海 82



あとがき 87



【詩集題の詩を紹介】 


牡丹雪幻想


届いてしまいそうな空を見上げ
傘を開く
いつの間にか
花びらに似た雪片が
肩に 
袂に降りかかり
錆朱色(さびしゅいろ)の細い矢模様の先に 瞬間留まっては
小さな
水滴になる

通りの向こうのバス停にも
雪は舞っている
垂れ落ちた窪みから零れ出て
何と
軽やかな片々

バスを降りて来た男(ひと)の
黒いコートに降りかかる
胸に裾に降りかかる
城下町の凍てる石畳
向こう側と
こちら側
佇ち尽くす無言の距離に
白い花が
舞っている



前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「コールサック」(石炭袋)109号 2022年3月1日

「コールサック」(石炭袋)109号 2022年3月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • 沖縄関連書籍
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 鈴木光影 俳句と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.