コールサックシリーズ

山本倫子詩集
『秋の蟷螂』
人と人は/国と国は/喰いつくしたり/喰わせ続けてはいけない/たとえ 喰われることに/快感を覚えたとしても
(詩「秋の蟷螂」より)
栞解説文:鈴木比佐雄
A5判/160頁/上製本
定価:2,160円(税込)

解説文はこちら

akinotourou

発売:2009年3月11日



【目次】


第一章 秋の蟷螂


天窓 10
半分の湯の中で 13
来ない方がいいな 16
秋の蟷螂 19
同行 22
途中下車 25
ささやかながら十万本 28
借景 31
紐にまつわる 35



第二章 出来すぎのはなし


出来すぎのはなし ―キャベツ瞑す― 40
山の辺の道 43
佐 韋 46
おさらい 49
はからいのかたち 52
音符 56
箍 59
溺れているこんとんと?記号 62
嵌る 64
真正黴菌 68
バイアス思考 71
キノコ菌 74
その先は 76
翔ぶ 79



第三章 彩のある場所


漆喰のひとかけら 84
紅は 87
白から黒へ 90
色彩考 ―明度高き黄色― 92
色彩考 ―みどりがこわい― 95
彩のある場所 98
肩 102
オール・プリーツ 104
容 107



第四章 語らずにはいられない


線引きの道 114
語らずにはいられない 118
トンネルが近づくと 122
大合唱 126
イラクのこども 129
表面フラッシュ 132
かぶりもの 135
肺の中 138
落果 142
むさぼる神 144
祈る 147



あとがき 153
初出 覚え書き 156
略歴 158




【詩を紹介】


「秋の蟷螂」


喰うということは
食欲を満たし快感を伴うが
何かを欠損させ
そのもの自体を失せさせる

喰われるということは
疼痛を伴い傷がつき
惨烈を極めれば
死に到る

人と人
国と国
喰い 喰われる関係が
無限連鎖のように続いている

喰われ方 喰わせ方 喰い方を
秋の蟷螂の貌に見た
自然の掟に従うごとく
喰い 喰わせている

わたしは夫に身を喰わせ
夫の精神を幾らか喰ったが
全面的に喰い喰われなかったから
わたしが残っている

人と人は 国と国は
喰いつくしたり喰わせ続けてはいけない
たとえ 喰われることに
快感を覚えたとしても



前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)98号 2019年6月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.