コールサックシリーズ

石川早苗詩集
『蔵人の妻』
帰ってくるなり その話だった/今日搾った酒は/立ち香が素晴らしかった/味にも幅があっていい酒になった/遅い夕食 忙しく箸を動かす夫からは 甘い発酵の香りが漂う(「蔵人の妻」より)
栞解説文:鈴木比佐雄
A5判/128頁/上製本
定価:2,160円(税込)

解説文はこちら

906938_773593434

発売:2009年7月17日



【目次】


第一章 逃げる男


逃げる男 8
魔女の退院 12
八百比丘尼 16
鬼子母神 20
解き放つ 24
どうやら明日 28
永遠のアイドル 32
血を舐める 36
月のめぐり 40
最後の晩餐 44
台所にて 48
追いつめらレル 52
aの音から 56
雛を飾る 60
蔵人の妻 64
蔵は眠らない 68
ハマる 72
空梅雨 76



第二章 朝の音


Re:今日のパパ 82
父をつつむ 86
踵から 88
一斉起床 90
朝の音 94
草取り 98
桜のように 100
夢 106
静かな時間 110
握 手 114
原始の海にて 118



  あとがきに代えて 
     しきゅう日記 122




【詩を紹介】


蔵人の妻

 

帰ってくるなり
その話だった
今日搾った酒は
立ち香が素晴らしかった
味にも幅があっていい酒になった
けどそのあと粕をはがすのに
手間がかかって
それから火入れだもの
忙しいのなんのって
遅い夕食
忙しく箸を動かす夫からは
甘い発酵の香りが漂う

じゃあ今度は私ね
うん
近所の子供が遊びに来てね
うん
それから畑の小松菜が
うん
ウチの猫が野良と喧嘩をしてね
……
返事が途切れ
こっくりこっくり
手から落ちる箸―

起こすべきか
起こさざるべきか
好きな仕事に打ち込んで
幸せそうに疲れている我が蔵人
しかし妻の話を聞かないとは
ケシカランではありませんか
仕込みの続く半年間
ずっと一方通行なんて
私、家政婦じゃありませんことよ

一呼吸おいてから起こし
風呂に追い立てる
後で背中を踏みながら
たっぷり文句を聞かせようか

蔵人の妻の
忸怩たる想い
しかし発酵の香りは
好きなのである



前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)98号 2019年6月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.