コールサックシリーズ

中村藤一郎詩集
『神の留守』
線路のそばで ねころんでいたら/貨物列車が風を切って通った。/ 真白い車の間へ、ちょっと足を入れて/ みたくなった。(帯文「車輪」より)
栞解説:鈴木比佐雄
A5判/208頁/上製本
定価:2,160円(税込)

解説文はこちら

906938_2283855473

発売:2009年11月1日



【目次】


第一章 むかし戦争があった


雨 12
天象儀の爆音 14
本所・深川の乙女達 18
むかし戦争があった 22
本日休業 28
あたし 今 生きています 30
わたしの時間 36
ある寂寥 42

 


第二章 二一天作の五


二一天作の五 50
鞴 52
陶 房 54
べんがら ―光学ガラス研磨工場にて― 56
実験について  58
実験について Ⅱ 62
地獄への階段 66
回転する歯車 70
O型の脚 74
開墾地 78



第三章 精一杯生きた母に


山に登って 84
序 曲 86
立 春 90
春 94
春 眠 100
白い静かな雨が降りだした 104
みどり色の触感 108
橋を渡る 110
仰ぐ空は青空でなければならない ―足尾にて― 114
曲った絵 116
白痴の言葉 120
未決ということ 124
精一杯生きた母に 126
泡 132
宿 痾 K病院待合室にて 136



第四章 「神の留守」  141



あとがき 202
略 歴 206




【詩を紹介】


車 輪


線路のそばで ねころんでいたら

貨物列車が風を切って通った。
真白い車の間へ、ちょっと足を入れて
みたくなった。

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.