コールサックシリーズ

『朝倉宏哉詩選集一四〇篇』

天山山脈のふところの天池のほとりに立ち 七色のさざなみを眺めていたとき ふと湧いてきた想念があった ……人類が流した涙がここに溜まっている (「天池」より)

解説文:日原正彦、大掛史子、相沢史郎
四六判/240頁/上製本
定価:1,542円(税込)

解説文はこちら

中村藤一郎詩集『神の留守』

発売:2009年11月1日



【目次】

第一詩集『盲導犬』(一九七三年刊行)より
お祭り  10
馬  13
きつね  14
降誕祭  15
三陸沿岸大火  18
愛  21
仮 面  23
千の日と夜  24
一粒の籾  25
死 神  27
終電車帰り  29
おいとま  30
北海道大学植物園にて  32
盲導犬  33

 

第二詩集『カッコーが吃っている』
          (一九八三年刊行)より
イカル  34
墓地整理  36
大きな栗の木の下で  37
カッコーが吃っている  38
四人の人夫  39
早池峰登山  41
根岬の梯子  42
槻沢鬼剣舞  43
螢  45
八月十五日 胆沢川で  47
恐山にて  48
五つの子のための五つのメルヘン  50
右耳のつぶれた男  
    イーハトーヴォ イリュージョン  53
へ び  55
先 発  56
冬の小さな林―小さなきみに  57
谺―故 高野善一氏に  58
寒立ち  60

第三詩集『フクロウの卵』(一九九四年刊行)より
フクロウの卵  60
さくら  61
虹  63
街の小さな田圃  64
かなしみ  66
ダリア  67
牛祭り  68
タイの犬  70
スリランカ  71
夕 日  73
ナクル湖にて  74
ハーモニカ  76
パラグアイの牛  78
アルマジロ  79
花見川  83
レクイエム 高橋長光君に  84
父の喪  86
寒牡丹  87
ガンリン  88
探 す  90

第四詩集『満月の馬』(一九九九年刊行)より
やまかがし  92
はばたくフクロウ  93
満月の馬  94
ひとの河  96
白い年賀状  97
サバンナ  98
鈴虫サン  99
老 牛  101
焼 香  102
ベンケイ  103
渡りの朝  105
ことしのさくら  106
感受性  107
還暦同級会  109
合歓の木を伐る  110
更 地  111
インドへ行った息子に  113

第五詩集『獅子座流星群』(二〇〇三年刊行)より
あやとり  114
トラジャの樹  116
春 夜  117
馬  118
防空頭巾  119
飛行機―石川啄木に  121
ばんか  122
誕生日  123
犬を洗う  125
小天地  126
ゆき・ゆめ  127
聖 牛  128
聖 地  129
ガンジス河  130
バラナシにて  132
鏡  134
獅子座流星群  136
長距離ランナー  138
五体投地  138
夕焼け  140
難 民  141
  「ああ」  142

第六詩集『乳粥』(二〇〇六年刊行)より
乳 粥  143
天 池  145
勝山号  146
がんじがらめ  148
吼えている山
   ―日露戦争開戦百周年に当たり激戦地を訪ねる  150
敦煌の町を歩く  151
待ってください  152
明日から来る今日  153
金色の狐  155
深夜の酒宴  156
この広い野原いっぱいの草  158
三本の樹  159
グ・ズ・ダ  161
ミイラと少女と二羽のスズメ  162
隠れびと  164
誘蛾灯  165
微 笑  166
生前墓  168
神秘から謎までの日日  169
二つの腕時計  170
風と雲と空と太陽と  171
人類文化学園共働農場―伊藤勇雄氏に  172

未収録詩篇Ⅰ 
へその緒  174
山上の墓地  176
声  177
螢の木  178
おれはクマだ  178
初 恋  180
ためらい傷  181
蘇民祭に行こう  182

未収録詩篇Ⅱ 
短詩十編  184
カワセミとフクロウ  185
きらっと  187
さりげない朝  187
幕張本郷から新検見川まで―石村柳三に  189
走る少年  190
雪迎え  191
子犬のいびき  192
十三日の水曜日には  193
海  195
花 火  196

未収録詩篇Ⅲ 
仰向け男  197
朝顔と入道雲とみんみん蝉と  198
祈 り  199
九段坂  200
青い牛の背に跨って  201
ルーシーとアンサリ  203
書かれなかった詩  204
詩 よ  206

解説・詩人論

「乳粥の味」   日原正彦  210
「朝倉宏哉さんの血脈の床しさ―一ファンからの証言」      大掛史子  218
「朝倉宏哉・初期詩集を読む」  相沢史郎  226

略 歴  234  


 

【詩を紹介】

天 池


天山山脈のふところの天池のほとりに立ち
七色のさざなみを眺めていたとき
ふと湧いてきた想念があった

……人類が流した涙がここに溜まっている


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)98号 2019年6月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.