コールサックシリーズ

淺山泰美エッセイ集
『京都 銀月アパートの桜』

京都が、いきいきと目を覚ます。
このような才媛に声をかけられるのは、 千年来のことなので。
わたくしも、目を瞠る。
ピュアな水晶少年のイメージをもって登場した詩人の、多彩きわまりない円熟ぶりに。
(帯文:新川和江)

栞解説文:鈴木比佐雄
四六判/168頁/ソフトカバー
定価:1,542円(税込)

解説文:鈴木比佐雄はこちら

淺山泰美エッセイ集『京都 銀月アパートの桜』

発売:2010年2月14日



【目次】

Ⅰ 
桜めぐり  10
ポエトリーガーデン  14
ウエサク祭の夜  18
観音さま日和  22
月光丸  28
いぬの仔もねこの仔もひとの子も  34
四月のダライラマ  38
伯母するひと  44
ライアーに出逢った頃  50
読む詩歌う詞  56
ライアーと歩む日々  62



昭和ドリームランド  66
あの人は、今  72
石好き  78
「塩」を運ぶ  82
明美さんの灯り  86
一期一会ということ  90
茶道入門  94
天女座を訪ねて  98
妖精の声  102
猿のはなし  106
水絵の町で
   高野橋西詰  110
   奇 跡  115
   東福ノ川会  116
   『オーク』があった頃  120


久世光彦さん ゆめまぼろし
   幻の唄  126
   神様の演出  129
   幸福の電話  133
   久世さんと神戸で  135
   卒 哭  138
   アスパラ豆腐の味  141
   久世さんの墓所で  144


銀月アパートの桜  152
あとがきにかえて
  銀月アパートという謎  160

撮影データ  164
初出一覧  165
略  歴  166

京都の人びとが千年の建物を愛すると同時に九十年前の住まいも大切にして、共に生きようとしている心意気や美意識を感じ取った。淺山さんのエッセイ集にはそんな左京区の人びとの普段着の素顔や美を大切にする暮らしが描かれている。それを多くの人びとにも読んで欲しいと願っている。
(鈴木比佐雄/詩論家「栞解説文」より抜粋)

京都に暮す詩人・ライアー(竪琴)奏者である著者が、 左京区に昔から実在する「銀月アパート」を始めとする京都の隠れた見所を描く。京都通・必携の一冊。
故・久世光彦氏とのエピソードにも心を動かされる。

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.