コールサックシリーズ

安永圭子詩集
『音を聴く皮膚』
哀の背は愛、愛のとなりは哀。それは生きているものすべての透視図。
的確、端正な場景表現。多様な心層の見事な織模様の詩群。
それらと円居して安らかな心になるのは私だけではない。

―詩人・山本十四尾(帯文より)

栞解説:鈴木比佐雄
A5判/136頁/上製本
定価:2,160円(税込)

解説文はこちら

otowokiku

発売:2010年10月18日



【目次】


Ⅰ章 音を聴く皮膚

音を聴く皮膚     10
初夏の蛇       14
木精         16
さびしい庭      20
静かな夕べ      24
壜の中        28
扉の中のグラス    32
老女の日日      36
月 齢        40
木 霊        44


Ⅱ章 海辺の情景

しだれ桜の景     50
琵琶湖の十一面観音  54
海辺の情景      58
夏の終り       62
おちた蝶       66
高野山奥の院     72
深大寺十三夜祭    76
晩秋の沼       80
旅          84
桑の木        86


Ⅲ章 彼岸花

彼岸花          92
母の背中         96
白綸子の小袖?      100
白綸子の小袖?      102
野馬が駈ける       104
ふる敷          108
ヒュルヒュルと咽を通る  112
飛べ飛べ自転車      116
居場所          120
彼方の青         124
冥界からきた蛙      128


あとがき  132
略 歴   134



【詩篇紹介】


音を聴く皮膚


火傷がなおったばかりの手の甲が
いつの間にか真赤になりけいれんしている
皮膚は覚えていた容赦なく襲った熱を
シタール奏者は激しく弦を爪弾きつづけた
ラビシャンカールの〝夕陽のラーガ(*1)〟を
会場はくりかえし打ち寄せる波のターラ(*2)に熱い海となった
聞き入るわたしは沈む光の飛沫に
全身をぬらし海底に引き込まれてゆく

ラーガとターラのいのちは
新しい皮膚細胞と合体し痛みの振動になった
音がうねる 刺さる
左手で右の腕をかかえこみ蹲っても
肘から肩へ頭へと受け入れた海は鎮まらず
波は強くなるばかり
一瞬自分を失ったとき
波間をよぎる魚の群を見た
それは聖なるガンジス河の水と共に
インド洋の黒潮にのってやって来て
水平線上に沈む陽に染まったターラの魚たち
ふとラーガの海に浸した手の表皮から
時空を越えてすばやくはいりこみ
熱情の尾びれをはねあげ
腹をくねらせて細胞と交合したのだ
魂がふるえ歓喜することが痛みとなる残酷さ
耳をふさぎ音をさえぎっても
皮膚は感応し音を聴いている

耳の不自由な人たちが
大きな風船を両手で抱いて
演奏を聞いているのをみた
掌が音を受けとめ震える
耳というオルガンがなくとも
目で指先で足裏で音を感じている

今わたしの手の甲も

   *1 ラーガ=インド音楽の旋律
   *2 ターラ=インド音楽のリズム

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.