コールサックシリーズ

宇都宮英子詩集
『母の手』
その母はもういない
五月の野辺には
青い香りを放つ青葉若葉が
みちみちていて
再び春祭りの旗が
風にはためいているけれど
元気な母は
美しい母は もうその中にはいない  (詩「悲しみの情景」より)
栞解説:鈴木比佐雄
A5判/128頁/上製本
定価:2,160円(税込)

解説文はこちら

hahanote

発売:2009年5月10日



【目次】


第一章 母の手

私の手 10
土 筆 12
まな板の音 14
悲しみの情景 17
母のにおい 20
誕生日 23
収穫の秋に 25
さくらんぼう 28
桃の実るころに 31
兄 妹 34
父 37
命の不思議 40
春祭り 43
白 桃 45
行く夏の朝 48
あれ以来 51
二人で朝茶を 54
新しい生命の誕生の日 57
花を摘んで 60
風呂敷 63
こ ぶ 66
希 望 68
声 71


第二章 初なりの柿

初なりの柿 76
笑い上戸 78
階 段 81
取って置きの良い話 84
各駅停車の電車に揺られて 86
年賀状 89
春の雪 92
橋の上で 94
七曲り 97
立 春 100
カナダからの便り 103
仕 舞―謡曲「紅葉狩」― 106
化 粧 109
梅の実 111
日 課 113
水の惑星 115
赤いほおづき 118
雨の日に 120
晩 夏 122


あとがき 126



【詩篇紹介】


悲しみの情景


村はずれの古い神社に
祭りの旗が立ち並び
花吹雪を散りつくした
桜の老樹の枝々から
あふれ出る若緑青緑

その木もれ陽が
キラキラ光る参道は
訪れる参詣人で賑わい
その中に 野良着ではない
美しい着物姿の母がいた
節くれた手を合わせ
一心に社殿で祈るその姿を
そっと見上げているだけでも
胸がつまった子供のころの
あの時

その母はもういない
五月の野辺には
青い香りを放つ青葉若葉が
みちみちていて
再び春祭りの旗が
風にはためいているけれど
元気な母は
美しい母は もうその中にはいない


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.