コールサックシリーズ

片山壹晴詩集・評論集
『セザンヌの言葉―わが里の「気層」から』
片山さんは、絵画と詩の根底に
横たわる芸術作品を生み出してしまう
人間の心の秘密を解き明かす試みを、
純粋に自らに課してきたと思われた。

―鈴木比佐雄・解説文より

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:鈴木比佐雄
A5判/320頁/ソフトカバー ISBN978-4-86435-116-4 C1092 ¥2000E
定価:2,160円(税込)

cezannenokotoba_web

発売:2013年7月19日



【目次】


■ 詩集『気層』


  一章「気層」

気 層
雲のための日
囁 き
連 雀
傾いた木
インパチェンスの存在
秋の実存
調べと雲
冬に入るまえ


  二章「部屋」

部 屋
物の目
分 解
迷 う
責 め
描いても
ザムザ
心のなれ
未完のままに


  三章「わが里」

還 る
記 憶
わが里
織りなさず
先祖を弔う
うすい足音
思春期
山荘から


  四章「口を無くす」

口を無くす
目を見た
時 代
きょうの怒り


  五章「二歳の太陽」

二歳の太陽
小さな背中
結べない
分節へ
待合室
戸惑い
あいだの始まり
さみしい夕陽
静かに思えば



■ 評論集『見るもの感じるもの』


  一章「見るもの感じるもの」

セザンヌの言葉―その芸術の奥へ


  二章「父からの系譜」

木島本陣歌碑・綾小路有長の歌の解釈
碑を刻んだ宮亀年
空海「秘蔵宝鑰」序の詩を解釈する
私の〝玉村〟という視覚的心象メモ
父からの系譜


  三章「似て非なる表現」

似て非なる表現
詩の「範囲」
O君へ「辺見庸氏の詩について」
O君へ「再度、辺見庸氏の詩について」
名言を訪ねて


  四章『Pの「哲学」受講』

Pの「哲学」受講
『「知」の欺瞞』の衝撃
M・ヴェーバーの予言
「芸術」と「アート」 ―幼児化する文化― 
「架空」という閉ざしが生む「小児化」
「わかりやすさ」の陥穽
震災と表現 


解説 鈴木比佐雄


あとがき  
略歴    



【詩篇紹介】


気 層


匂いある春の空気よ
密なる地層の空気よ
新たな生を迎え
ムスカリの澄んだ色のように
気層は光を澄ませ
天を仰ぐものたちが喉を震わす

遠くから母と娘の笑いが
どっとあふれ
金木犀の若葉はやたらと風に震え
稠密な波長のむこうに
無の無など無いようだ

わたしの気層は
稠密に連なる命に満たされ
問いに先立つ
ものの姿としてある
この私こそ呼吸するものとして
それを春の匂いとして

生ある匂いのものたちよ
生きる匂いのなかで
天を仰がず何を打ちはらうのか
地上の夢のなかで
春はながれてゆき
断想もないまま
稠密な青さのゆえに
何事も許されているというのに


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.