コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

大塚史朗詩集
『千人針の腹巻き』 
確かに中央に虎の姿が見える/赤糸を縫い付けた星が一面にちりばめてある/虎は千里走っても帰るのだという謂れにもとづき/出征する若者が身に付けていたのだ/女たちがひと刺しひと刺し結んだ赤糸の塊は/ひとり一人の帰還への希いが託されていたのだ 詩「千人針の腹巻き」より

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
栞解説文:鈴木比佐雄
A5判/144頁/ソフトカバー ISBN978-4-86435-137-9 C1092 ¥2000E
定価:2,160円(税込)

大塚史朗詩集『千人針の腹巻き』 

発売:2013年12月24日



【目次】


第一章 千人針の腹巻き

千人針の腹巻き
端午の節句と雛人形
一本松
コシケ
象の墓場
ならされる
コニシ屋の天丼
沖縄のごぼうと詩友
ジュウク
物乞いの少年

第二章 誕生日に

蘇 鉄
ハーモニカ
土入れ
米を研ぐ
五目めし
何でも一番
書き続けてる
冷え性
ああー(三羽烏)
尾 長
風俗見物
ハラをたたく
誕生日に

第三章 3Kプラス未知のK

3Kプラス未知のK
落ち葉
すみれ
トイレの足元
未完の「原発」詩
遺伝子組み換え譚
捨てない屋
頰 白
などなど
記 録
付 木

あとがき
略 歴




「千人針の腹巻き」


ひと握りの布が歩いて来る
あるいは浮び上って来る
今から三十年も前に出会った布だ
「これはあんたの親父さんが虎の絵を描いてくれたもの ほしかっ たら上げるよ」
よれよれの所々すり切れた
薄茶色の手ぬぐいを重ねたような布
「千人針のはらまき?」初老の男はうなずいた

確かに中央に虎の姿が見える
赤糸を縫い付けた星が一面にちりばめてある
虎は千里走っても帰るのだという謂れにもとづき
出征する若者が身に付けていたのだ
女たちがひと刺しひと刺し結んだ赤糸の塊は
ひとり一人の帰還への希いが託されていたのだ

父は夜なべに時々描いてやってた事は知っていた
国民学校三年の担任も 父の絵の鉢巻きをして
冬の校庭を走っていた そして出征した

敗戦になって
誰などに描いてやったのか尋ねた事があった
「忘れちまった 帰って来ない人も多かった」

受け取りを遠慮した布
まもなくその家は取り壊されたので
布も消失してしまったか
譲り受けをこばんだことを残念に思っていたが
しばらく忘れていたのだ

二〇一二年の晩秋
テレビや新聞を見ていると 衆院選挙に次々と新しい政党が誕生
政策などを知ると 夜半
突然一握りの布が歩いて来るのだ

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)91号  2017年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)91号 2017年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.