コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

堀内利美図形詩集
『人生の花 咲き匂う』 
堀内利美さんの図形詩集は、言葉が本来的に備えている温かい心を伝え、しなやかな遊び心に満ちている。どんなに過酷な情況に置かれてもユーモアを失わないで、人の心の深層から立ち昇る自由な言葉を探し出して、私たちの前に手品のように提示してくれる。(解説文・鈴木比佐雄 詩人・編集者より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
栞解説文:鈴木比佐雄
A5判/160頁/ソフトカバー ISBN978-4-86435-141-6 C1092 ¥2000E
定価:2,160円(税込)

堀内利美図形詩集『人生の花 咲き匂う』 

発売:2014年2月3日



「あとがき」


ある日 わたしの「眼で読む英詩集」=『Poetry for the Eye』を読まれた神戸の詩人からわたしにポストカードが 送られてきた。それには「日本の古典にも八重襷・回文・沓冠などの秀作が残されている。人間は 遊戯する存在である、というヨハン・ホイジンガの言葉を想起している」と 書かれていた。それでヨハン・ホイジンガについて調べたら次のことが 明らかになった。


オランダの歴史家であるJohan Huizinga(1872-1945)は、歴史における非合理的要素を重視し、文化史・精神史の研究において独自の業績を残した。ホイジンガの著書に『Homo Ludens』(1938)がある。ホモ・ルーデンスは〝遊ぶ人〟を意味する。この本の七章に「詩は遊びのなかに生まれた。詩的形式は、つねに遊びの形式である。詩人の言葉は 遊びの言葉である」と書かれている(高橋英夫訳『ホモ・ルーデンス』(中央公論社))。このことに関しては、ロジェ・カイヨワ著・多田道太郎・塚崎幹夫訳『遊びと人間』(講談社)、鈴木棠三著『ことば遊び』(講談社)も参考にしている。


ホイジンガは 人間の遊戯的行動に 人間存在のエッセンスを捉えている。彼の声にふれて わたしの心は 花と戯れる蝶のように 言の葉と遊び戯れている。木の葉と戯れる風のように 創造力や想像力と遊び戯れている。わたしの心の存在の現実は 蒼白い知識のモザイク・こちこちの言葉のモザイクを 創造的自由・詩的自由のハンマーで打ち砕いている。

わたしは できるだけ 頭の中を空にして 詩考・詩想・詩形・言葉・表現などの浄化を図っている。わたしのペンとインクは「今日まで創出されたものに安住している限り 自分自身の〝価値あるもの〟を創出することはできない」という声に みちびかれている。

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)90号  2017年6月1日

「COALSACK」(石炭袋)90号  2017年6月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.